シュウブログ。子供に食べさせた方が良い食べ物

子どもの成長段階は、子どもの成長にとって非常に重要です。お子さんの成長を左右する要因の一つに、あなたが食べさせている食事があります。適切な栄養素を与えているかどうか確認していますか?ここでは、子どもに必要な基礎的な食材をご紹介します。

良質な肉類

一般的な信念に反して、動物の肉からの脂肪は完全に悪いものではありません。料理に風味を与えるだけでなく、脂肪は私たちの体の発育にも貢献します。子供にバランスのとれた食事をさせるためには、赤身の肉や卵などの良質なタンパク質を摂取させることが大切です。脂肪分が多すぎなければ、多少の脂肪分があっても構いません。食中毒の心配がないように、清潔で安全な肉を選ぶようにしましょう。

魚の脂肪は見落とされがちですが、美味しいだけでなく、重要な栄養素を含んでいます。脂のののった魚には、心臓、脳、肺、血液の循環、健康に良いとされるオメガ3系の脂肪酸が含まれています。調理が簡単で万能なので、たんぱく質を変えたいときには、子供に魚を食べさせても困ることはありません。

葉物の青菜、ナッツ類、穀類

お皿が彩り豊かであればあるほど、健康的な食生活が送れます。だからこそ、野菜の副菜を加えることは、食事の栄養価を高める最も簡単な方法のひとつです。葉物野菜を炒めたり、アブラナ科の野菜をヘルシーなオイルと一緒にオーブンで焼いたりすれば、おいしいおかずの完成です。

色によって体に必要な栄養素は異なります。ほうれん草やケールなどの葉物野菜にはビタミンKが、オレンジや赤の野菜にはビタミンAが、ピーマンやシトラスにはビタミンCが豊富に含まれています。

全粒穀物は、食物繊維を豊富に含んでいるので、あなたとお子さんの胃腸の健康にも良いです。全粒粉のオートミールに冷凍ベリーを加えて、おいしくてヘルシーな朝食にしてみてはいかがでしょうか。また、全粒オーツ麦を牛乳やヨーグルトに入れて一晩置いておく「オーバーナイトオーツ」など、お子さんと一緒に新しい流行の料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。朝一番のおいしい朝ごはんスラッシュデザートを楽しみましょう

フルーツと乳製品

食材を使い分けて、食事のレベルを上げましょう。アボカドは、甘くても香ばしい料理にも使える万能な果物です。マッシュしてトーストにのせたり、タンパク質や穀物と一緒に食べたり、牛乳と混ぜて爽やかなスムージーにしてもいいでしょう。健康的な一価不飽和脂肪を多く含むアボカドは、炎症を抑え、コレステロール値を維持するのに最適です。

乳製品には、丈夫な骨を作るのに重要なカルシウムとビタミンDが豊富に含まれています。子供の骨はまだ成長期なので、牛乳は食生活に欠かせないものです。毎日一杯の牛乳を子供に飲ませることが大切です。

Leave a Comment