シュウブログ。虫歯の原因と予防法

虫歯は、免疫システムが未発達なため、赤ちゃんに急速に起こる可能性があります。口は体の中で最大の開口部であるため、細菌やウイルスの最大の侵入口でもあります。赤ちゃんの歯ぐきや歯を健康に保つことは、赤ちゃんの安全と健康を守るために欠かせないことです。

ここシュウブログでは、虫歯の原因や、虫歯を増やさないための予防法についてご紹介します。赤ちゃんの健康を守りましょう

赤ちゃんの乳歯と虫歯

赤ちゃんの乳歯は生まれた瞬間からすでに虫歯のリスクを抱えています。乳歯は薄くて柔らかいので、特に成長初期は酸で溶けやすくなります。赤ちゃんのエナメル質や象牙質の厚さは、大人の半分程度と言われています。そのため、赤ちゃんが虫歯を発症すると一気に進行してしまいます。

赤ちゃんの虫歯の原因

赤ちゃんの虫歯の原因として最も考えられるのは、実は親御さんです。赤ちゃんの前歯が生え始めた離乳期には、母親から赤ちゃんの口の中に感染が移ることが多いと言われています。

唾液から赤ちゃんの口の中に細菌が入ると、赤ちゃんは感染してしまいます。赤ちゃんは免疫力が弱く、大人が知らないうちに細菌やウイルスを運んでしまい、赤ちゃんに感染してしまうこともあることを覚えておきましょう。

だからこそ、赤ちゃんに食べさせる前に、まず自分で硬い食べ物を噛んで食べさせることは厳禁です。自分の口腔内の細菌が赤ちゃんに移ってしまいます。また、親や他の人が使っていた食器を使って赤ちゃんに食べさせるのも良くありません。

赤ちゃんは生まれてから虫歯がゼロの状態で生まれてきます。その状態を維持することができれば、虫歯の心配はありません。しかし、どんなに気をつけていても、子どもが3歳を過ぎても虫歯になってしまうこともあるのです。

赤ちゃんの虫歯を予防する方法

赤ちゃんの初期の虫歯を予防するためには、周りの人たち自身が健康な口腔内を持つことが大切です。周りの虫歯菌を減らすことで、赤ちゃんの虫歯を遅らせることができます。ママや保育者のお口の中を健康な状態にしておくことが必要ですね。

赤ちゃんの乳歯の磨き方

赤ちゃんの乳歯を健康に保つために、乳歯が生え始めたらすぐに歯磨きを始めましょう。まず、赤ちゃんを仰向けに寝かせ、大人の膝の上に頭を乗せます。そして、清潔な指で赤ちゃんの口元を触ってみましょう。

最初はガーゼや綿棒を使ってから、赤ちゃん用の歯ブラシを使いましょう。最初は嫌がるかもしれませんが、練習すれば慣れるでしょう。

Leave a Comment