30代の妊娠に向けて体を整える方法

女性は30代になると、「まだ子供を産みたいのか、産まないのか」という疑問が出てきます。私たちの体は若返っていませんから、妊娠することで体だけでなく、将来の子供たちの健康にも影響があることを考えておくことが大切です。

しかし、誰もが母親になりたいと思っているわけではありません。まだ決められなくても、年齢を重ねてもいつかは出産したいと真剣に考えているかもしれません。 

赤ちゃんを産むには卵巣と子宮が鍵を握っています。妊娠しやすい時期には窓がありますが、その時期を過ぎてしまったらどうでしょうか?30代になってから急に子供が欲しいと思っても、妊娠に向けて体の準備をするのは遅すぎるのではないでしょうか?

何歳で出産するのか、妊娠しやすいようにどんな体にしておくべきなのか、などの疑問を考えておく必要があります。妊娠に不安はあるけれど、体の準備はしておきたい」という女性のために、Shu-blogでは、妊娠前の体のケア方法を考えてみました。

体のさまざまな機能を理解する

現在、多くのカップルが20代後半に結婚しています。その結果、30代になって初めての妊娠・出産を経験する方も少なくありません。すでに遅いと思われていますが、全くそんなことはありません。割合でいうと、30~35歳で出産する女性が4割なのに対し、35~40歳で出産する女性は2割です。30代で出産しても全く遅くはありません。

30代前半は女性ホルモンが活発になり、子宮が元気になりますが、中盤から後半にかけては卵巣機能が低下し、妊娠する確率が低下します。30代になると子宮や卵巣が成熟するため、婦人科系の病気にもかかりやすくなります。

卵巣や子宮が健康であれば、妊娠・出産は可能です。まずは、30代の自分の体の機能を知ることが大切です。また、医師に相談して、自分の生殖器の状態を確認することもできます。更年期障害さえなければ妊娠できると思っている人は多いです。しかし、それを確実にするためには、卵巣年齢検査で確認するのが一番です。

過度なダイエットは体に良くない 

過度なダイエットは体に負担をかけてしまうので、妊娠しやすい体質になろうとしている人は避けるべきです。ダイエットをするなら、体重よりも体脂肪を意識しましょう。体脂肪が17%以下だと、生理が止まる可能性が高くなります。一度止まってしまった生理を再開するのはかなりの負担になるので、家での食事だけでなく外食時にも良質なタンパク質をバランスよく摂るようにして、海藻類や豆類を積極的に食べることを意識しましょう。

冷え性・貧血・便秘は体に良い!?

冷え・貧血・便秘は、子宮に悪影響を及ぼす3大要因です。妊娠しやすい体を作るためには、子宮を温めて血行を良くすることが大切です。この3つの症状や病気は循環器系に良くありません。

貧血や便秘は生姜などの根菜類を食べることで解消できますし、冷え性は有酸素運動をして代謝を上げることで解消できます。貧血にはレバーを食べると鉄分が多く含まれているので効果があるとも言われていますが、動物由来なので添加物の心配もあります。

貧血の改善や冷え性の時の体を温めるには、漢方薬の芍薬散がおすすめです。しかし、これはあくまでもサプリメントです。鉄分を多く含む適切な食事と運動で克服するのが一番です。

体の排卵とリズムを意識する

女性の体温には、高温期と低温期と呼ばれる2つの周期があります。基礎体温を測ることで、この2つの生理のリズムを知ることができます。

この2つの体温に左右される期間が排卵を教えてくれるので、この2つに注意することが大切です。2つの体温の差があまりない場合は、生殖器のリズムが乱れて排卵していない可能性があるので注意が必要です。

毎朝、基礎体温をチェックすることを習慣にして、自分のリズムをつかみ、排卵しているかどうかを知るようにしましょう。市販されている基礎体温計には、口から入れるタイプ、そのままデータ化できるタイプ、寝ている間に使えるタイプなど様々な種類があります。毎朝の体温を記録できるように、自分に合った基礎体温計を見つけて、体の信号に気付きやすくしましょう。

月経周期を知って、自分の体の生体リズムをチェックしよう

妊娠に向けて体を整える第一歩は、自分の月経周期を知ることです。生理が始まった日、どのくらい続いたのか、月経血の量や痛み、自分の体調などをメモしておくことが大切です。

生理が痛すぎる場合は子宮内膜症の可能性がありますし、生理が短すぎたり長すぎたりする場合は、ホルモンバランスが崩れて体がサインを出している可能性があります。

最近ではスマホのアプリで簡単に体の生体リズムを記録することができるようになっているので、生理日を把握しやすくなっています。上手に活用して、生理前・生理中・生理後の体調を常にチェックしておきましょう。

生理中に排出される可能性のある添加物に注意する

ジャンクフードや加工食品には、体に有害な添加物が多く含まれています。これらの物質が体内に入ると、生理中に子宮から排泄される毒素となります。だからこそ、無意識に摂取している食品添加物には注意が必要です。

肉や魚を食べるときには、動物の生活環境や何を食べさせられていたのかを意識することが大切です。野菜や果物を収穫するまでの過程に細心の注意を払うことで、食生活は格段に改善されます。

忙しくてスーパーに行って果物を買うことができないという人は、新鮮な野菜や果物を自宅まで届けてくれる宅配サービスを利用すると良いでしょう。添加物の少ない食材を自宅で手に入れることができるだけでなく、旬の野菜は効率的に野菜不足を解消することができます。

定期的に健康診断を受けるようにする

半年に一度か、最低でも年に一度は病院に行って体調をチェックしてもらいましょう。まずは信頼できる医師を見つけることです。毎回同じ医師に診てもらうことで、体の変化に気付きやすくなりますし、医師も適切なアドバイスをしてくれます。

以下、病院の種類をこだわり別に分類してみましたので、自分に合った医師選びの参考にしてみてください。

女医だけを探している

日本の婦人科医の約4割は男性です。検査がプライベートなものであることから、男性医師の診察に消極的な人も少なくありません。その場合は、ウィメンズクリニックや女性の婦人科医が配置されている病院に行くのがベストです。婦人科の問題はデリケートな問題なので、自分が納得できる医師に診てもらうことが大切です。

好きな治療法がない

化学薬品が苦手で有機的な施術を好む方には、ノンケミカル対策を行っている東西学クリニックがおすすめです。

恋愛ホルモンであるオキシトシンを大量に摂取する

恋愛ホルモンとも呼ばれるオキシトシンは、女性の体に良い影響を与えます。これは、恋愛関係にある人と一緒に過ごすことで分泌されます。オキシトシンはセックスをしなくても身体の接触によって自然に分泌されるので、整体や恋愛映画の鑑賞など、体の中で恋愛ホルモンが分泌されるのを助ける行動をしましょう。

副交感神経を働かせる

緊張している時は交感神経の世界ですが、リラックスしている時は副交感神経が活性化しています。副交感神経を働かせて、リラックスした状態で筋肉の緊張をほぐしたいものです。一日の終わりには、副交感神経を働かせるためにも、寝る前にはリラックスできる環境で過ごすようにしましょう。

また、イランイランやカモミールなどのハーブが入ったお茶や、リラックス効果の高いアロマキャンドルもおすすめです。ラベンダーやバニラはリラックス効果の高い香りで、すぐに気持ちを落ち着かせてくれます。

股関節のストレッチで歪んだ骨盤を矯正

骨盤は子宮を守っているので、女性の体の中でも重要な部分です。骨盤が歪んでいると、子宮の状態にも影響してきます。お風呂上りにお尻のストレッチをして骨盤の歪みを矯正すると良いでしょう。

これらを実践して習慣化することで、妊娠率をアップさせましょう。健康でアクティブに過ごしましょう

Leave a Comment