シュウブログ。果物が体に良い理由

子供の頃、私たちは健康な体を作るために果物や野菜を食べなさいといつも言われています。あなたは何を食べているかというと、そう言われています。しかし、果物には何が含まれていて、私たちの体に良いのでしょうか?ジューシーでさわやかな果物を食べる必要があるのはなぜなのでしょうか。ここでは、自分の体に合ったものを探してみましょう。

果物には他では手に入らない栄養素が豊富に含まれています。

私たちのほとんどは、毎日の食生活のほとんどが米と肉で構成されており、タンパク質と炭水化物を摂取することができます。私たちの体は、一日のエネルギーを得るためにこれらを必要としています。しかし、炭水化物や脂肪以外にも、私たちの体は、体の器官を正常に機能させるために、他の栄養素や物質を必要としています。

ほとんどの果物は、私たちが好んで食べる加工食品に含まれる脂肪やナトリウム、カロリーが自然と低くなっています。果物は、私たちが普段摂取していない必須栄養素の源です。カリウム、食物繊維、ビタミンC、葉酸などです。これらは私たちの体を正常に機能させて病気を予防し、病気になるリスクを下げてくれるのです。

カリウム

カリウムは血圧を健康的なレベルに保つのに役立ちます。バナナ、プルーン、桃、アプリコット、カンタ ループなどの果物を食べることで、カリウムの摂取量を増やすことができます。新鮮なフルーツジュースにもこの栄養素が含まれていますが、市販のジュースの糖度を再確認する必要があるかもしれません。

食物繊維

健康な食生活を維持するためには、食物繊維を毎日摂取することが重要な役割を果たします。また、心臓病のリスクを下げ、血中コレステロール値を下げ、健康的な食生活全般にプラスの影響を与えます。食物繊維は適切な腸の機能を持つために不可欠です。

果物のほとんどすべての種類には繊維が含まれていますので、季節を問わずお近くの食料品店で手に入れることができます。りんご、バナナ、オレンジ、イチゴなどには食物繊維が含まれていますが、より多くの食物繊維を摂取したい場合は、マンゴー、柿、グアバなどがおすすめです。便秘や便通に悩んでいる人は、食物繊維を多めに摂ると不快感を和らげることができます。

ビタミンC

ビタミンCは、私たちの免疫システムを助け、体の組織の成長と発達に貢献します。また、外国の抗体から体を守り、白血球を健康に保つ働きもあります。オレンジ、レモン、ライム、グレープフルーツなどのシトラスは、ビタミンCの最も一般的な供給源ですが、あまりにも強くて酸っぱい場合は、いつでもジュースにしたり、蜂蜜などの天然の甘味料を加えたりすることができます。これでは、果物のビタミンC含有量は変わりません。

気をつけたいのは、フルーツジュースです。ビタミンCがたっぷり含まれていると言われても、糖分がドリンクの栄養価を相殺してしまう可能性があります。自然の甘みを感じられるように、自分でジュースを作るのがベストです。ビタミンCを多く含む果物には、パイナップル、パパイヤ、キウイ、ベリー類などがあります。

Leave a Comment