しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

Facebookは実名で登録しなければダメ?偽名を使うとバレるのはなぜ?

Facebookは実名で登録しなければダメ?偽名を使うとバレるのはなぜ?

 

数あるSNSの中でも、Facebookは実名登録が基本。
原則として実名でなければFacebookのアカウントを持つことはできないとされています。

ですが、これまで日本では、「インターネットで実名は絶対に名乗ってはいけない」というのが常識中の常識でしたよね。
インターネットは匿名性を保って利用するのが当たり前で、個人情報を公にさらけ出すなんてもってのほか!
そのため、ネット上ではハンドルネームと呼ばれるものを使って、不特定多数のネットユーザーとコミュニケーションをはかるというのが普通でした。

これはFacebookの利用者数が10億人を超えた今でも顕著で、「Facebookは利用してみたいけれど“実名登録”がネックになって登録をためらっている・・・」という人も多いようです。

そこで今回は、

  • Facebookで実名を登録することのメリット・デメリット
  • 偽名を使うとどうしてバレてしまうのか

についてまとめてみたいと思います。

 

 

Facebookで実名を登録するメリットは?

TwitterやLineの利用者層が若年層に多いのに対し、Facebookの利用者はビジネスユーザーが多いという特徴があります。

Facebookをビジネスに活用しているユーザーのほとんどは、現在どんなビジネスをどのように展開しているかはもちろん、転職歴や出身校など、可能な限りの個人情報を公開しています。
自分がどんな人物なのか事前に情報を公開しておくことで、取引相手に安心してもらえたり、共感をもってもらえたりするんですね。

また、Facebookにはおなじみの「いいね!」機能があるので、広告費をかけなくても情報が広く拡散しやすいというメリットがあります。
Facebookは、ほかのSNSやブログなどと連携することで効率の良いアピールになるのも魅力です。

これがもし、実名登録ではなく偽名を使って登録したものだったとしたら、ビジネスの取引相手として信頼されることはおろか、リアルな友人としても関係が深まることはないでしょう。
実名登録だからこそ、信頼に値する人物だと思われるわけですね。

 

 

Facebookで実名を登録するデメリットは?

これは当然、個人情報がさらされてしまうということに尽きますね。

Facebookへの実名登録が原因でストーカー被害に遭ってしまったり、DVから逃げ出しても所在がバレてしまったりという問題もあります。

つまり、常に誰かから検索されてしまう可能性があるということですね。
なので、住所やメールアドレス、家族構成などの個人情報は絶対に載せないようにしましょう。

 

Facebookで偽名を登録するとなぜバレてしまうの?

Facebookに偽名で登録して、アカウントが削除されるというケースは実際にあるようですが、ということは、偽名を使って登録すること自体は可能であるということですね。

問題は、偽名で登録したことがどうしてバレてしまうのかということ。
たとえ偽名で登録したとしても、それがFacebook側にバレなかったらアカウントを削除されることもないですし、とくに大きな問題にはならないはずです。

さて、Facabookに登録した名前が偽名であるということがバレる原因はいくつかあります。

  • 友達が知っているメールアドレスで登録している
  • プロフィール上にメールアドレスを公開している
  • メールアドレスによる検索機能がオンになっている
  • プロフィール写真が動物やキャラクターになっている
  • 登録した偽名が明らかにおかしい名前になっている

Facebook側が偽名だと判断する場合もありますが、ほとんどはFacebookを利用してるほかのユーザーからの違反報告だと言われています。

どうしても偽名を使ってFacebookを利用していきたいと考えているのなら、誰が見ても実在する人物だと疑われないようにしなければなりませんね。

アカウントが削除されてしまったら、それまでの記事や画像すべてが削除されてしまうわけなので、大きなリスクを負うことは肝に銘じておかなければなりません。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top