しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

入学式に着物を着るならどんな種類?画像付きで解説!

入学式に着物を着るならどんな種類?画像付きで解説!

 

現代では目にすることがめっぽう減ってしまった着物姿。
それでも毎週日曜日に『サザエさん』のフネが着物を素敵に着こなしているのを見ると、「やっぱり着物姿って素敵だな~」と思う今日この頃です。

さて、感動の卒園式が終わったら、つぎはいよいよ新生活の出発点である入学式
この機会に着物を着て入学式に出席したいと思うママも多いのでは?

ですが、和装の知識がほとんどないために

  • 入学式にはどんな着物を選んだらいいのか
  • どういう着こなしをすればいいのか

不安に思うママも少なくないようですね。

今回は、入学式に着物を着るならどんな種類のものがいいのか、画像付きで解説していきたいと思います。

 

 

入学式に出席する場合、着物の種類は?

入学式に出席する母親が着物を着る場合、どんな種類の着物を選ぶべきか、着物に不慣れなママにとっては一番の悩みどころですよね。
着物にはがあって、シーンによって着物の種類や帯、合わせる小物が異なります。

入学式に出席する母親にふさわしい着物の種類は以下の3種類。

  • 付け下げ
  • 色無地(一つ紋付き)
  • 江戸小紋(一つ紋付き)

どれも格としては準礼装に当たるものなので、入学式にはこれらの3種類の着物から選ぶのがベスト。
あとは色合いや模様についてですが、着物の種類をひとつずつ順番に見ていきますね。

付け下げ

付け下げは、柄がすべて上を向くように描かれた、訪問着と小紋の間の格の着物。
訪問着より気軽に幅広く着られる社交着で、紋付きでなくてもOK。
入学式に付け下げを着る場合は、柔らかな色合いで、品よく控えめな柄ゆきを選ぶようにするのがポイントです。

色無地(一つ紋付き)

色無地は、一色で染めた無地または地紋の着物。
一つ紋付きなら付け下げと同格になるので、入学式に着用できます。


江戸小紋(一つ紋付き)

江戸小紋は、小紋の一種で、武士の裃(かみしも)に使われたこまかい柄を一色の型染めにした着物。
色無地と同格の扱いで、一つ紋付きなら付け下げと同格になるので、入学式に着用できます。


 

入学式は子どもが主役!着物は品よく控えめにが鉄則

入学式で主役となるのは言うまでもなく子ども。
なので、入学式に出席する母親は色合いや模様をおさえた装いで、主役の子どもを引き立てるようにしなければなりません。

付け下げなら無地に近い色合いのものを選び、色無地の場合は明るい色合いで地紋に吉祥文様が入っていると、なお一層入学式におすすめ。
帯は金糸の入った格の高い袋帯にするか、もっと控えめにしたいなら金糸銀糸の入らない織りの袋帯を合わせます。
白い半えりに淡い色合いの帯揚げ、細身の帯締めがいいでしょう。

入学式は春のお祝い事なので、春を意識した色や模様のものを選ぶと素敵ですね。
おすすめの色は若緑や淡いオレンジ、水色、紅藤色など。
柄は人形もの、わらび、桜、柳、菖蒲、花筏、気象文様、蝶など。

春のやわらかいイメージに合ったパステル系か淡い色で統一すると、優しいお母さんを演出できるかも!?
入学式に着物で出席するママはそう多くはないので、ぜひ着物の似合う和装美人をアピールしてみてくださいね。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top