しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

鮭とサーモンの違いは?どんな料理にどちらを使う?

鮭とサーモンの違いは?どんな料理にどちらを使う?

 

スーパーに行くと、鮮魚コーナーに並べられている銀鮭
魚焼きグリルで焼くだけで立派な主菜になる鮭は、朝食メニューの定番ですよね。

鮭や銀鮭は昔からおなじみの魚ですが、最近これらの隣に、アトランティックサーモンキングサーモンなどのいろいろな“サケ”が並べられるようになってきました。
お寿司屋さんに行っても、焼き鮭やサーモンという2種類の寿司があったりと、同じ“サケ”でありながら呼び方が違いますよね。

では、この鮭とサーモンは一体何がどう違うのか知っていますか?
今回は、鮭とサーモンの違いどんな料理にどちらが合うのかについてお伝えします。

 

 

鮭とサーモンの違いは、日本の川に帰ってくるかどうか!?

鮭とサーモンの違いについて、まずはスーパーにおける表記の定義についてお話しします。

スーパーで売られている“サケ”に、サーモンという2つの表記があるのは、主に生息地の違いが関係しているといいます。
白鮭や銀鮭、紅鮭などの一般的な鮭は、海に出たあと産卵のために日本の川に再び戻ってくるのに対して、サーモンと呼ばれる“サケ”は、そもそも日本の川で生まれたものでない場合や養殖されたものなどを指します。
サーモンは主に北欧やカナダで獲れる“サケ”で、現在市場に出回っているのはほとんどが養殖のものだそう。

ちなみに、このどちらにも当てはまらないトラウトサーモンは、サーモンという名前がついていますが“サケ”ではなく、養殖されたニジマスのことをいいます。

 

鮭とサーモンのもっとも大きな違いは生食できるかどうか

そもそも鮭には寄生虫がいるので、生食はできません。
鮭は焼くなどして火を通さないと食べられないのです。

一方、サーモンのほうはほとんどが養殖のものなので、寄生虫の心配がなく生食できます。
お寿司屋さんで出てくる生の“サケ”がサーモンなのは、こうした理由からだったんですね。

 

鮭とサーモン、どんな料理にどちらが合う?

鮭とサーモンの違いは、以上に挙げたもののほかに見た目脂の乗り具合にもあります。

鮭は見た目にも脂が少なく、味はあっさり系
それに対して、サーモンは見た目にもギラギラして脂が多く、味もこってり系です。

昔から日本の食卓になじんできた鮭は、あっさりしているので和食向き
ちゃんちゃん焼きや塩焼きなどで食べるのがおすすめです。
こってりと脂が乗ったサーモンは、ムニエルやバター焼きなど洋食の料理にぴったりです。

 

今までは値段だけを見て、ただ何となく“サケ”を選ぶことも多かったわたしですが、鮭とサーモンの違いが分かった今、どの“サケ”を選んだらいいか、もう迷うことがなくなりそうです。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top