しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

小学校の個人面談はどんな感じ?質問や相談がない場合は何を話したらいい?

小学校の個人面談はどんな感じ?質問や相談がない場合は何を話したらいい?

 

幼稚園や保育園でも経験した個人面談
個人面談は、わたしたち保護者と先生とが1対1で話をすることができる貴重な機会ですよね。
ですが、小学校の個人面談ともなると、生活面のことだけでなく学習面も大きく関わってくるので、一体どんな感じなのか、不安に思ってしまう方も多いのでは?

わたしもついこの間、小学校で個人面談をしてきたばかりですが、15分という短い持ち時間の中で、聞きたいことがほとんど聞けずじまいで終わってしまいました。
あらかじめ質問事項を簡潔にまとめておけば良かった・・・」と後悔したので、今回はその反省の意味も込めて、

  • 小学校の個人面談ではどのようなことに気をつければいいのか?
  • とくに質問や相談がない場合には何を話したらいいのか?

・・・などについてまとめておきたいと思います。

 

 

小学校の個人面談で注意するべきことは?

個人面談でまず一番に注意しなければならないことは、時間に制限があるということです。
小学校の個人面談では、一般的に1人当たり10分~15分程度の面談時間が設けられています。
時間をオーバーしてしまうと、順番が後ろの保護者たちに迷惑がかかってしまうので注意しなければなりません。

「先生とちょっと挨拶を交わしたつもりが5分も過ぎてしまった!」なんていう失敗談はザラにあること。
挨拶は一言で手短に終わらせ、すぐに本題に入るようにしましょう。

そして本題に入ったら、質問や相談したいポイントを最大でも3つ程度に絞って聞くようにします。
スムーズに話をするためにも、あらかじめ聞きたいことを準備しておくのがポイントです。

 

 

とくに質問や相談がない場合はどうする?

質問や相談したいことがひとつも思い浮かばない・・・」中にはこんな場合もあるかもしれませんね。
そんなときは、無理に聞きたいことを考えなくてもOK。
以下のような感じで、普段の様子を教えてほしい旨を伝えればいいでしょう。

「おかげさまで今のところ、とくに心配していることはありません。
先生からご覧になって、何かお気づきのことがあれば教えていただけませんか?」

このように保護者のほうから先生に質問してみるといいかもしれませんね。

 

小学校に入って初めての個人面談の場合、どんな感じで何を話したらいいのか悩んでしまうことも多いかと思いますが、実際に面談が始まると時間はあっという間に過ぎてしまうもの。
無駄なことはしゃべらず、聞きたいことがあったら簡潔に話ができるように前もって準備をしておくと安心ですね。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top