しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

小学校の連絡帳、どんなときにどんなことを書く?書き方のマナーと注意点

小学校の連絡帳、どんなときにどんなことを書く?書き方のマナーと注意点

 

小学校と保護者がコミュニケーションをとるための大事なツールである連絡帳
担任の先生に対して、遅刻や欠席など、いろいろな届出を行うときは連絡帳を利用するのが一般的ですよね。

わたしの子どもが通っている小学校では、遅刻や欠席をする際にその旨を連絡帳に書いて通学班に預けることで、先生に連絡が届くようになっています。
連絡帳には、いろいろな届出のほか、先生への報告や相談などを書き込んでもいいということですが、どんなときにどんなことを書けばいいのか分からず、そのままになっています。

わたしの認識としては、小学校にどうしても伝えなければならない連絡事項を連絡帳に書くべきだと思うのですが、他の保護者の方はどのように連絡帳を利用しているのでしょう?

今回は、小学校の連絡帳の書き方について、どんなときにどんなことを書けばいいのか、シチュエーション別の文例、マナーと注意点をまとめてみますね。

 

 

連絡帳は学校と家庭のコミュニケーションツールだけど・・・

子どもが幼稚園や保育園に通っていた頃は、登園・降園のときに先生から園での様子を直接聞ける機会が少なからずあったと思います。
ですが、小学校に入ると、当たり前のように子どもだけで登下校をすることになるので、学校での出来事を事細かに話してくれる子どもでもない限り、どんな学校生活を送っているかを知ることができないのが現状ですよね。

なので、子どもの学校での様子を知りたいがあまりに、連絡帳に詳しい事情を長々と書き込んだりする保護者もいるようですが、これはルール違反
いくら連絡帳が便利なコミュニケーションツールだとは言っても、先生と保護者との交換日記のような役割をしているわけではありません。

小学校の先生はやるべき仕事が多いので、連絡帳に返事を書くために設けることのできる時間はごくわずかだといいます。
とくに込み入った相談ごとなどは返事を書くのにも時間がかかってしまうもの。
できれば直接会って話すようにしたほうがいいかもしれませんね。

 

以下、連絡帳の書き方としてさまざまなシチュエーションの文例をまとめました。

小学校に遅刻をする場合

文例病気で遅刻するときの文例
昨日の朝からのどが痛いと訴えていましたが、夜になって38度の熱を出しました。
今朝は熱も下がりましたが、病院で診てもらうことにしたので、今日は3時限目からの登校になります。

文例急用ができて遅刻するときの文例
祖父が急病で入院したため、朝、見舞いに行ってから登校させます。
3時限目には間に合うと思います。

文例用事があって遅刻するときの文例
先月から歯の治療を受けていましたが、今日は午前中に検査を行うことになりました。
午前中いっぱいかかりそうなので、午後から登校させます。

 

小学校を早退させる場合

文例病気で早退させるときの文例
最近、視力の低下が気になっていましたが、今日の午後に眼科クリニックで予約が取れましたので、午前中で早退させてください。

文例急用ができて早退させるときの文例
山形に住む祖父が昨夜亡くなりまして、通夜と葬儀のために午後の新幹線で出かけることになりました。
5時限目が終わる頃に迎えに行きますので、早退させてください。

文例用事があって早退させるときの文例
祖母の一周忌法要で、明日は山形まで出かけますので、3時限目で早退させてください。

 

小学校を欠席する場合

文例病気で欠席するときの文例
今朝から腹痛を訴えており、治る様子がありません。
これから病院に連れて行きますので、今日はお休みさせてください。

文例急用ができて欠席するときの文例
父親が交通事故にあい、入院しました。
軽いケガのようですが、これから病院に行きますので、今日は欠席させてください。

文例用事があって欠席するときの文例
親戚の結婚式に出席することになりましたので、今日は休ませてください。

 

体育を見学する場合

  • サッカーの練習中にひざを傷め、病院で1週間ほど固定しておくように言われましたので、今週の体育の授業は見学させてください。
  • 昨夜から風邪ぎみで体調が良くないので、今日の水泳の授業は見学させてください。

 

 

連絡帳の書き方にもマナーと注意点がある!

連絡帳は簡潔に書く必要があるというものの、遅刻や早退、欠席の理由をあまりにもそっけなく書いてしまうのは考えもの。
ある程度、こちらの状況を理解してもらえるように、どんな理由があるのかについて分かりやすくハッキリと報告するべきです。
このとき、病状を長々と説明する必要はないので注意しましょう。

それから、遅刻や早退の場合は、何時ぐらいに登校できるのか、何時に早退させてほしいのか、具体的な登校時間や早退時間を書いておくのがベストな書き方。
前もって欠席や早退が分かっている場合、前日に連絡帳で知らせておけば先生からの了解をきちんともらうことができるので安心ですね。

 

連絡帳には、以上のような連絡事項のほかに、先生への報告や相談など、日常的な連絡ごとを書く場合も・・・

以下に、そのほかの文例としてまとめました。

連絡ごとをする場合

  • 帰宅時間が1時間も遅れたため、その理由を聞いたところ、電信柱に石を当てる遊びをしていたとのことでした。
    危ないのでやめるように注意しましたが、ほかの友だちもやっていたようなのでご報告いたします。
  • 算数のノートが見当たりませんでしたので、今日は新しいノートを持たせました。
    学校からは持ち帰ったと言っておりますので、もう一度家を探してみます。
  • 弁当箱を持ち帰りませんでした。
    本人は学校に忘れてきたと言っております。
  • 昨日、帰宅してから頭痛を訴えていましたが、今朝は良くなったようなので登校させました。
    本人は宿題をやろうとしていたのですが、こちらが止めてそのまま休ませましたので、ご理解くださいますようお願いいたします。
  • 今朝からお腹の調子が良くないのですが、本人の希望で登校させました。
    具合が悪いときは早退するように言いましたので、よろしくお願いいたします。
  • 昨日、階段で足首をひねったようで湿布をしました。
    歩くときに足をひきずることがあります。

 

お願いごとをする場合

  • 個人面談の日程についてご相談申し上げます。
    11日は親戚の法事がありますので、勝手ですが、12日か13日に変更をお願いできないでしょうか。
  • 掃除の時間に上級生から掃除用具の後片付けをすべて任されるそうで、学校に行きたくないと申しております。
    上級生に一言ご注意いただけないでしょうか。
  • このところ落ち込んでいる様子でしたが、昨夜、クラスの友だちとうまくいっていないという話を聞きました。
    一度伺ってご相談させていただきたいのですが、先生のご都合のよい日をお知らせいただけると幸いです。

 

家庭訪問や個人面談の日程変更をお願いする場合は、こちらの都合のよい日を2~3挙げておくと先生も調節しやすいとのこと。
それから、お願いごとをするときは、「~していただけないでしょうか」のような書き方にすることで丁寧な印象になります。

連絡帳は、とくに何も連絡することがないのならこちらから無理に何かを書く必要はありません。
連絡ごとがない=何も問題がない”ということなので、「何か書かなきゃいけないかな?」と心配する必要はないんですね。

忙しい先生の手をわずらわせるようなモンスターペアレントにだけはなりたくないものです。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top