しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

卒園式にはくストッキングの色はベージュ?黒?タイツでも大丈夫?

卒園式にはくストッキングの色はベージュ?黒?タイツでも大丈夫?

 

我が子の園生活のフィナーレである卒園式は、親にとっても大事な晴れ舞台。
子どもだけではなく、ママの服装もバッチリ決めて臨みたいものですよね。
ですが、入園式は経験済みでも卒園式はまた趣が違ってくるので、どんな服装にすべきか悩んでしまうママも多いようです。

とくに悩むのがフォーマルスーツの色とそれに合わせるストッキングの色
卒園式は入園式と違ってお別れのセレモニーでもあるので、一般にブラックやネイビー、グレーなどの落ち着いたダークカラーのフォーマルスーツで参列するのがマナー。
では、ストッキングの色はベージュと黒のどちらがいいのでしょう?

今回は、卒園式にはくストッキングの色とデニールの目安、素足や厚めのタイツでも大丈夫なのかについて徹底リサーチした結果をお知らせします!

 

 

卒園式のママの服装、基本はダークカラー

卒園式は卒園証書を授与される大切な式典。
また、お世話になった先生方や大好きなお友達とお別れをするセレモニーです。

3月というまだ寒さが残る時季でもあるので、春とはいえ白っぽい明るめカラーのフォーマルスーツではどうしても浮いてしまいがち。
落ち着きと品格のあるダークカラーの服装がマナーの基本です。

もちろん、卒園式のママの服装に特別な決まりがあるわけではありませんが、悪目立ちしてしまうのを避けたければ、慣例に従って黒っぽいフォーマルスーツにしておくのが無難ですね。

 

ストッキングなしの素足でもOK?

普段、素足でスカートをはいているママの場合、ストッキングをはくことに抵抗を感じてしまう人もいるようですが、卒園式は自分のポリシーを貫き通す場面ではありません。

卒園式は歴とした式典なので、素足で参列することは問題外。
ストッキングなしの素足は、式典に参列するほかの方々にとって失礼にあたり、下品で非常識な印象を与えてしまいます。

大人の身だしなみとしてストッキングは必ず着用するようにしましょう。

 

卒園式のストッキング、色はベージュ?黒?

卒園式に着るフォーマルスーツの色を黒などのダークカラーだと仮定すると、それに合わせるストッキングの色はベージュか黒のどちらがいいのでしょう?

基本的にストッキングの色は服装の色に合わせることがマナーになっています。
つまり、明るめカラーの服装のときは素肌に近いベージュカラーのストッキング、ダークカラーの服装のときは黒のストッキング、という感じですね。
そのことから考えると、卒園式のストッキングの色は黒が基本のマナーだということになりますよね。

ですが、これには賛否両論あって、「全身を黒一色でまとめてしまうと、まるでお葬式のような雰囲気になってしまうのでは?」という意見もちらほら見られます。
確かに、お葬式など弔事の場面では、ストッキングの色も黒が当たり前のマナー。
間違ってもベージュのストッキングは着用しませんよね。

このしきたりの影響からか、“黒のストッキング=お葬式専用のもの”というイメージが広く浸透してしまっているようです。
卒園式は喜ばしい慶事の場面なので、お葬式のイメージが強い黒のストッキングでは非常識だと考える人が多いんですね。

ですが、そのようなマナーは存在しないというのが本当のところ。
マナーの面から言うと、卒園式に黒のストッキングをはいても全く問題はないのです。

ただ、注意しなければいけないのは、“黒のストッキング=お葬式専用のもの”と思い込んでしまっている人から見ると、非常識に思われてしまう可能性が高いということ。
それさえ気にしなければ、本来は黒のストッキングを卒園式に着用しても非常識でも何でもないわけなので、堂々としていればいいだけのことなんです。

実際には卒園式で園長先生や先生方はもちろん、保護者であるママたちも黒のストッキングをはいている場合が多く見られるので、ダークカラーのフォーマルスーツにベージュのストッキングのほうがファッション的にちぐはぐになってしまう可能性だってあるわけです。

 

 

ストッキングは薄め?厚め?デニールの目安はどれくらい?

ストッキングには“デニール”という、厚さを表す目安がありますよね。
デニールは糸が太くて生地が厚手になるほど数値が上がっていきます。
卒園式にはくストッキングの厚さはどれくらいのものがいいのでしょう?

とくに黒のストッキングの場合、デニールによって肌の透け感がかなり違って見えるので、TPOに合わせてデニールを調整したいもの。
卒園式はダークカラーの服装で臨むことを考えると、どうしても全身が重く見えてしまいがちなので、足もとは透け感のある薄めのストッキングを選ぶのが正解です。

デニールの目安としては大体40~60デニールが適当。
薄すぎもせず厚すぎもせず、ほど良い透け感のあるストッキングを選ぶと間違いないでしょう。

 

卒園式は厚手のタイツでも大丈夫?

まだ冷え込みの厳しい3月。
寒い式場で少しでも暖をとりたくて、厚手のタイツをはいていこうと思っているママも多いと思います。
ですが、式典のマナーという面から言うと、厚手のタイツよりも薄手のストッキングにしておいたほうが常識的。

ストッキングとタイツの境目は厳密に言うとなかなか難しいものですが、先ほどお伝えしたデニールの目安で40~60デニールぐらいのものを選ぶようにすれば大丈夫です。
厚手のタイツは大人の礼儀作法としてあまり好ましいものではないので、その点だけを注意しておけばとくに恥をかくことはないはず。

 

以上、卒園式のストッキングの色とデニールの目安、タイツの可否についてお話ししてきました。
足もとから抜かりなく決めて卒園式に臨んでくださいね。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top