しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

リンス・コンディショナー・トリートメントの違いと定義は?

リンス・コンディショナー・トリートメントの違いと定義は?

 

毎日当たり前のように使っているヘアケアの基本アイテム、“シャンプー”。
シャンプーは言わずと知れた髪の洗浄料ですよね。

そして、シャンプーとペアで販売されているのが“リンス”や“コンディショナー”。
わたしが子どもの頃は、シャンプーの後にリンスを使っていましたが、いつしかそれがコンディショナーという名称に取って代わるようになりました。
今でこそリンスという呼び方はあまり耳にしなくなってしまいましたが、かつてはそれ以外に呼び方はなかったんですよね。

それがどうしてコンディショナーという名称に軒並み変わったのかは不明ですが、“リンスインシャンプー”なるものもいまだ販売されているので、リンスという言葉自体がシャンプーメーカーから完全に消滅してしまったわけではないようです。

これらのアイテムのほかにも“トリートメント”というアイテムもありますが、一体何がどう違うのか、ふと疑問に思ったので調べてみることにしました。

 

 

リンスとコンディショナーは基本的に同じもの

やっぱりというか、ほぼ確信していた通り、リンスとコンディショナーはほぼ同じものだということが分かりました。
一般的には、どちらのアイテムも髪の表面に皮膜を作ってすべりを良くしたり、髪のパサつきを防いだりするものだそう。

一度でもリンスやコンディショナーを使わなかった経験がある人なら分かるかと思いますが、シャンプーだけで終わってしまうと洗い終わったそばから髪の毛がキシキシして指通りが悪くなってしまうんですよね。
髪のすべりが良くないとキューティクルが傷んでしまって、枝毛や切れ毛の原因になってしまいます。

髪の傷みを防ぐためにも、リンスやコンディショナーは必要不可欠なものなんですね。

 

トリートメントは浸透型の髪補修アイテム

一方、トリートメントは髪の表面だけではなく、髪の内部に浸透して髪の状態を内側から整えるもの。
髪の表面だけにアプローチするリンスやコンディショナーとの違いはここにあります。

トリートメントは主に髪の内部を補修するためのアイテムなので、ヘアカラーやパーマ、紫外線などの影響で髪の傷みが気になるときに使用すると効果がハッキリと分かります。

トリートメントの中には、髪の質感をコントロールするタイプのものもあるので、リンスやコンディショナーの代わりとして使っても仕上がりとしては十分だとか。
逆に、リンスやコンディショナーの中にもトリートメント効果を備えているものもあるので、最終的には効果や使用感で選ぶということになるでしょうか。

 

 

リンス・コンディショナー、トリートメントの違いをまとめると・・・

  • リンス・コンディショナー髪の表面に作用するもの
  • トリートメント髪の表面だけではなく内部にも浸透して作用するもの

このように定義することができそうです。

ちなみに、これらの定義についてはシャンプーメーカーの間で統一されているわけではなく、それぞれのシャンプーメーカーごとに独自にネーミングされているのが実情。
なので、より詳細な違いについては、各製品の特徴を確認したほうがいいでしょうね。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top