しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

熱中症の重症度レベルによる症状と対処法まとめ

熱中症の重症度レベルによる症状と対処法まとめ

 

人間のからだにはとても優れた体温調節機能があります。
体温が上がれば血管が広がって血流が増え、皮膚から熱が放出されます。
そして汗をかくことで体温が下がるようになっています。

ですが、日本の夏の環境は高温多湿。
皮膚から熱が放出しづらく、体内に熱がこもって体温調節がうまくいかなくなることがあるんですね。
こういう状態のときにかかってしまう恐ろしい病気が熱中症です。

 

 

熱中症とは?

熱中症とは、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節がスムーズにいかなくなって体温が急激に上昇することで起きる健康障害の総称です。
熱中症には症状別に重症度のレベルが設けられていて、重篤なケースになると命にかかわる危険性も出てきます。

 

油断大敵!屋内で熱中症になるケースもある!

実際、夏によく見られる死亡事故としてニュースになることも多いですよね。
炎天下での活動や気温の高い日のスポーツなどで発症することが多いですが、たとえ屋内であっても条件がそろえば熱中症になってしまいます。

とくに、体温調節機能が十分に発達していない乳幼児暑さやのどの渇きを敏感に感じにくくなっている高齢者の場合は、熱中症にかかりやすいので気をつけなければなりません。

 

乳幼児や高齢者のほかに熱中症になりやすい人は?

ほかには体内に熱がこもりやすい肥満体の人風邪や下痢などで体調を崩している人も熱中症になりやすいと言えます。

熱中症は死亡事故にもつながる恐ろしい病気ですが、気をつけていれば予防することは十分可能です。
もし万が一熱中症になってしまったとしても、症状に合った対処法をしっかりと行うことで最悪の事態は避けられます。

 

 

熱中症の症状別重症度

熱中症の症状には重症度の違いによってⅠ度~Ⅲ度までのレベルがあります。
この重症度のレベルによる症状と対処法はつぎの通りです。

<重症度Ⅰ>

【症状】
  • 手足のしびれ
  • めまい、立ちくらみ
  • 筋肉のこむら返り(足がつる)
  • 気分が悪い、ぼーっとする
【対処法】
  • 涼しい場所で水分と塩分を補給する
  • 自力で水分がとれない場合は病院へ

※誰かがついて見守る

 

<重症度Ⅱ>

【症状】
  • 頭痛
  • 吐き気、嘔吐
  • 倦怠感
  • 意識があるが何となくおかしい
【対処法】
  • 濡れタオルをあてたり、あおぐなどして身体を積極的に冷やす

※わきの下、首筋、足の付け根を冷やすと効果的

 

<重症度Ⅲ>

【症状】
  • 意識がない
  • からだの引きつけ(けいれん)
  • 呼びかけへの返事がおかしい
  • まっすぐ歩けない、走れない
  • からだが熱い

【対処法】

  • すぐに病院へ連れて行く

症状にあった対処法を的確に行うことで、それ以上悪化することを防ぐことができるので、冷静に落ち着いて対処するようにしましょう。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top