しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

浅草寺ほおずき市の由来や意味!2016年の日程とおすすめ参拝日

浅草寺ほおずき市の由来や意味!2016年の日程とおすすめ参拝日

 

夏を告げる縁日として毎年7月上旬に観音様や寺で開かれるほおずき市
よく知られているのは東京都台東区浅草の浅草寺で開かれるほおずき市ですね。

今回は、ほおずき市の由来と2016年の日程についてお伝えします!

 

 

2016年のほおずき市はいつ?

浅草寺で開かれるほおずき市の日程は以下になります。

  • 日にち:2016年7月9日~2016年7月10日
  • 本堂:午前6時~午後8時頃
  • ほおずき市:午前8時頃~午後9時頃

 

ほおずき市ってどんな縁日?

浅草寺のほおずき市は、江戸時代から庶民の息抜きの場としてもにぎわっていて、縁日ではさまざまな露店や市が立ち並びます。
観音堂の境内では夏バテに効く漢方薬として知られているほおずきが売られます。
現在では境内でほおずきを売る店が約120も並び、訪れるお客さんも色とりどりの浴衣で夏らしく華やかな雰囲気の縁日となっています。

ほおずき市の日に参詣すると、四万六千日お参りしたのと同じご利益があると言われています。

 

 

もともと、観音様の縁日は毎月18日と決まっていますが、室町時代以降に月に1日、“功徳日(くどくび)”と呼ばれる縁日が設けられました。
この功徳日に参拝すると、百日分あるいは千日分の参拝に値するご利益が得られると信仰されていて、中でも7月10日の功徳日は千日詣と呼ばれるものでした。
その千日詣が享保の時代から四万六千日(しまんろくせんにち)と呼ばれるようになり、46,000日分、年にすると約126年分のご利益に相当すると言われるようになりました。

どうして四万六千日という数になったのか、その由来については諸説ありますが、一生を一升とかけて、米一升分の米粒の数が46,000粒だったことに由来するという説が有力なようです。

 

2日間あるほおずき市、参拝するならいつ?

浅草寺のほおずき市は7月9日と7月10日の2日間ですが、もともとのほおずき市は7月10日の1日のみでした。

ですが、四万六千日分のご利益を求めて10日を待って一番乗りで参拝したい人々が前日の9日から浅草寺に押し寄せたことから、9日と10日の2日間を四万六千日の縁日として受け止めるようになったということです。

なので、今ではどちらの日に参拝してもご利益は同じだと考えられています。
本来の功徳日にこだわるのであれば、7月10日に参拝するのがいいでしょう。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top