しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

お中元の由来や意味、贈る品物や贈る時期はどうする?

お中元の由来や意味、贈る品物や贈る時期はどうする?

 

毎年、6月も下旬になると、7月初旬に贈るお中元の準備でいろいろと忙しくなりますよね。
お店の一画にはお中元コーナーが設けられたり、特産品のコーナーが設けられたりします。

そんな様子を見ながら、「もうお中元の時期なんだな~」と、夏の到来を実感したりするのがお決まりなんですが・・・
こんな感じで、夏の贈答の習慣としてすっかり根付いているお中元ですが、あなたはその由来と意味合いをどのくらい知っていますか?

今回は、当たり前のように行っているお中元の習慣がもともとどんな意味で始まったのかについてお話ししたいと思います。

 

 

お中元のもともとの由来は宗教!?

まずは、“お中元”という言葉から見ていきたいと思います。

古代中国の宗教である“道教”には“上元”、“中元”、“下元”という“三元節”があります。
お中元は、この三元節のひとつである中元が由来になっていて、7月15日のことを指しています。

ちなみに、上元は旧暦1月15日で、中国ではこの日を中心に色とりどりの灯篭をともして夜祭りが行われます。
日本では長崎県の福済寺で行われる上元祭が知られていますよね。

それから、下元は旧暦10月15日で、古代中国では先祖の霊をまつる行事が行われていましたが、現代では物忌みを行って災厄がないように祈る日となっています。

 

中元には本来何をする?

古代中国において、上元、中元、下元の三元節は、神にお供え物をして祝う日とされていました。
中でも中元は、“贖罪の日”として庭で火をたく習慣があったそう。
この中元の習慣が日本に伝わって、時期がちょうど旧暦のお盆と重なることから先祖の供養や夏のお見舞いの意味をこめて品物を贈る習慣であるお中元が生まれました。

贈る品物も、本来は先祖へのお供え物という意味合いが強かったので、小麦粉、白米、そうめんやうどんなどの穀類、菓子、果物などの食品が多かったようです。
それから、四十九日を過ぎて初めてお盆を迎える新盆の家にはちょうちんや線香を贈るのが習慣となっていました。

 

 

現代のお中元にはどんな品物を贈る?

本来は先祖への供養の意味合いが強かったお中元ですが、現代では親類や知人、お世話になった人などに日頃の感謝と夏のあいさつを兼ねて贈答を行うようになりました。

お中元の品として贈る物も、現在では酒類や食品、産地直送の品など趣味嗜好に合ったさまざまな品物が贈られるようになっています。

 

お中元を贈る時期はいつからいつまで?

もともとの中元は7月15日を指しますが、お中元を贈るのにふさわしい時期としては梅雨明けの7月初めから15日頃までが一般的です。
つまり、本来の中元である7月15日までに贈るのが常識なんですね。
15日を過ぎて贈る場合は“暑中見舞い”として、8月8日頃の立秋を過ぎて贈る場合は“残暑見舞い”として贈るようにします。

 

以上、お中元の由来と意味合いについて見てきました。
中元が7月15日という限定的な日を指していることから、お中元を贈る時期には気をつけたほうが良さそうですね。
お中元を贈るなら準備は早め早めが鉄則のようです。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top