しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

七夕飾りの処分はいつ?短冊の正しい処分方法は?

七夕飾りの処分はいつ?短冊の正しい処分方法は?

 

7月7日の夜に、お願い事を書いた短冊と一緒に笹竹に飾った七夕飾り
この七夕飾りの処分はいつ、どのようにして行うのか、あなたは正しい方法を知っていますか?

今回は、七夕飾りの処分の時期と処分の方法についてお話ししたいと思います。

 

 

七夕飾りの処分はいつ?

短冊をはじめ、輪つづりやちょうちん、投網などの七夕飾りは基本的に毎年準備するものです。
なので、来年のためにとっておくということは基本的にしません。

七夕飾りは七夕の前日、7月6日に飾り始めます。
そして、軒先などに飾った七夕飾りを片付けるのは一般的に当日の夜か翌日中。
七夕の翌日の7月8日に七夕送りという七夕飾りの処分を行います。

 

 

七夕飾りはどう処分する?

天の川にちなんで、昔から七夕飾りは川や海に流して処分する習慣があり、この風習を“七夕送り”といいます。
七夕飾りが天の川に流れ着く頃に、短冊に書いた願いが叶うとされているんですね。

とはいえ、今の時代では川や海に物を流すのは歓迎されませんよね。
なので、それぞれの地域で指定された方法に従って処分をするということになります。

七夕飾りはあくまでも各個人が手作りした飾りでお札やお守りのように神聖なものというわけではないので、とくにお焚き上げなどの必要はありません。
もし気になるようであれば、神社に持って行くとお焚き上げをしてくれるところもあります。

願い事が書かれている短冊は子どもの成長の証にもなるものなので、無理に処分せず、大事に保管しておいても全く問題はありません。
毎年毎年、お願い事が変わっていく変遷の様子をファイリングしてとっておくときっと良い思い出になりますよ。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top