しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

七夕の料理はこれで決まり!天の川そうめんレシピ

七夕の料理はこれで決まり!天の川そうめんレシピ

 

願い事を短冊にたくし、笹竹に飾って楽しむ七夕
7月7日の七夕は、天の川をはさんで離れ離れになった織姫と彦星が年に一度だけ会うことができるという中国の物語と、日本に古くから根付いていた「棚機女(たなばたつめ)」の風習が結びついてできた行事です。

⇒七夕はなぜ“たなばた”と読む?読み方の由来と意味は?

 

織姫は機を織る才能に恵まれていたことから、織姫の才能にあやかろうと裁縫の上達を願ったのが始まり。
そしてそのときに食べるようになった七夕の料理というのが“そうめん”です。
流れるような形状をしたそうめんを機織りの糸に見立て、それがだんだんと天の川のイメージとも結びついて七夕の日に食べる定番のメニューとなりました。

今回は、いつものそうめんにちょっとアレンジを加えて、織姫の織る糸と天の川を連想させる七夕そうめんレシピをご紹介します!

 

 

七夕に食べたい!そうめんレシピ

材料(3人分)

  • そうめん・・・3把
  • 卵・・・2個
  • きゅうり・・・1本
  • みょうが・・・2個
  • 塩・・・少々
  • サラダ油・・・少々
  • 白いりごま・・・少々

<めんつゆ>

  • かつお昆布だし・・・300ml
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • 酒・・・大さじ1
  • 塩・・・小さじ1/3

 

 

作り方

①めんつゆの材料を鍋に入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら火を止めます。
粗熱をとって、冷蔵庫で冷やします。

②ボウルに卵と塩を混ぜ合わせます。
フライパンにサラダ油を中火で熱し、卵液を少しずつ流し入れて薄焼き卵を作ります。
冷めたら細く切って錦糸卵にします。

③きゅうり、みょうがは千切りにします。

④そうめんをたっぷりのお湯でゆでてざるに上げ、流水で洗い、冷水にとってしめます。
水気をきって器に盛り、②、③、白いりごまをのせ、めんつゆをそえます。

 

暑い夏に冷たいそうめんは定番のメニューですが、七夕の日だけはいつものそうめんもちょっとおしゃれなごちそうに!
夏バテで食欲のないときでも食べやすく元気の出る食べ物なので、そうめんを食べながら星に願いをたくしてみては?

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top