しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

七夕はなぜ“たなばた”と読む?読み方の由来と意味は?

七夕はなぜ“たなばた”と読む?読み方の由来と意味は?

 

毎年7月7日は“七夕(たなばた)”。
七夕が近づいてくると、子どもたちは短冊にどんなお願いごとを書こうかとひそかに考え始めます。
わたしも小さい頃そうでしたが、あーでもない、こーでもないとたくさんある願いの中からたった一つのお願いごとに絞るために頭を悩ませたことを思い出します。

このように小さな頃から親しんできた年中行事である七夕ですが、なぜ“たなばた”と呼ばれているのか不思議に思ったことはありませんか?
“七”の“夕”と書いて“たなばた”と読むのは普通に考えても無理がありますし、「何か特別な意味があるのでは?」と思ったんですね。

そこで今回は、七夕はどうして“たなばた”と読むのか、読み方の由来と意味について調べたことをまとめてみたいと思います。

 

 

七夕の本来の読み方は“たなばた”ではなかった!?

七夕のもともとの読み方は“しちせき”。
七夕は織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)が7月7日の夜にだけ会うことが許されるという中国の恋物語から生まれた行事です。

⇒織姫と彦星の恋物語って要約するとどんな話?織女星と牽牛星はどんな星?

 

この織姫と彦星の伝説に、古くから日本で信仰されてきた日本古来の機を織る乙女への信仰、そして裁縫の上達を祈る“乞巧奠(きこうでん)”という中国のならわしが結びついてできた行事が七夕であるとされています。
このあたりのルーツが“たなばた”という読み方のなぞを解く鍵になります。

 

織姫と彦星の恋物語が現在の七夕の形になってきたルーツは?

年に一度、7月7日に織姫と彦星が天の川を渡って会うことができるという恋物語は中国で生まれたわけですが、中国ではこの日、女性が織姫の機織の才能にあやかろうと庭に果物などを供えて7本の針に糸を通し、裁縫の上達を祈る風習がありました。

この風習が乞巧奠と呼ばれる行事として日本に伝わり、平安時代になると貴族が庭に“星の座”という祭壇を設けて裁縫をはじめとする詩歌・管弦などの芸能の上達を祈願するようになりました。
このとき祭壇には織姫と彦星へのお供え物として海の幸、山の幸が2組ずつ並べられ、たらいに水を張って星を映し出しては眺めたり、和歌の交換を行ったりするロマンチックな行事になったのです。

このように織姫と彦星の恋物語が乞巧奠という行事に発展し、日本に伝わって今の形になったのですね。

7月7日の夕べに行われる行事なので七夕になったのですが、どうして“たなばた”という読み方になったのかは不思議ですよね。
でも、調べてみたらなんとも分かりやすい話だったんですよ。

 

七夕はなぜ“たなばた”と読むのか?その理由が分かった!

七夕の時期は稲の開花期にあたり、時期的に水害や病害が心配な頃でもあります。
それから旧暦の7月15日はお盆でもあるため、七夕の時期にはその準備をする必要があったんですね。

そこで、稲の収穫が無事に済むことを祈り、お盆を何事もなく迎えられるようにという願いを込めて、“棚機女(たなばたつめ)”という『古事記』に登場する乙女が水神を迎えるために清らかな水辺に張り出した棚の上の機屋で棚機(たなばた)と呼ばれる機織り機を使って“神衣(かむみそ)”と呼ばれる美しい衣を織るという禊(みそぎ)の行事が行われました。

やがてこの棚機女の行事と乞巧奠という行事が融合して現在の七夕の行事として定着し、これまで“しちせき”と呼ばれていたものが棚機にちなんで“たなばた”という読み方に変わっていったということです。

 

七夕が“たなばた”という読み方をするのにはこんなルーツがあったんですね。
由来と意味を知るといつもの行事がますます意味深いものになります。
あなたは今年の七夕にはどんなお願い事をしますか?

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top