しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

今、テレビ漬けの子どもが危ない!テレビが子供に与える影響と適切な時間は?

今、テレビ漬けの子どもが危ない!テレビが子供に与える影響と適切な時間は?

 

「はい、もうこれでおしまいよ!」と声を荒げながら、テレビのリモコンを取るのが日課となりつつある今日この頃。
「もっと、もっと~!」と騒ぎ立てる子どもたちに恨まれても、こればっかりは仕方ありません。
息子たちをテレビ漬けにはしたくありませんからね。

とは言うものの、今やテレビは毎日の生活に欠かすことのできないもの。
わたし自身もやっぱり観たい番組はありますし、夕飯の準備をしているときなどはテレビに子守りをさせてしまっていることも多いです。
テレビが子どもの心や体に何らかの影響を与える可能性が高いということはよく言われていることですが、それでもやっぱりテレビに頼ってしまう現実があり・・・

そこで今回は、テレビが子どもに与える影響についてまとめた上で、テレビと上手に付き合うためにはどうすればいいのかを考えていきたいと思います。

 

 

2歳まではテレビを見せないほうがいい!?

2歳までの子どものテレビ・ビデオの視聴は控えましょう
これは2004年に日本小児科医会から出された提言です。
これと同じようにアメリカの小児科学会でも「小児科医は、2歳以下の子どもを育てる親に『テレビを見せてはいけない』と伝えるべき」だとされています。
日本でもアメリカでも2歳がひとつの目安になっていますが、それはどうしてでしょうか?

2歳までの乳幼児期の子供は、とにかく毎日たくさんのことを吸収して著しく成長している真っ只中。
とくに言語発達においては目を見張るものがあります。

2歳になったわたしの次男も、1歳の誕生日あたりから今までいろいろな言葉を覚えて日々進化し続けていますが、その成長っぷりにはいつも驚かされます。
30代半ばのわたしが日々どんどん物事を吸収できなくなっていくのに対して、次男はそれこそ覚えてほしくない言葉までもすんなり吸収して自分のものにしてしまうんですよね(汗)

言葉の発達にはコミュニケーションが大切なんですが、テレビはいわゆる一方向のメディア。
言語や映像などの情報が一方的に与えられるので、たとえ子どもがテレビの前で反応を見せてもコミュニケーションが成り立ちません。
テレビに無視された状態のまま、ただ時間が流れるだけなんですよね。

脳が外からの影響を敏感に受ける乳幼児期にテレビ漬けになってしまうと、言葉の発達が遅れてしまうという問題がまずひとつです。
言語発達への影響のほかにも、テレビが子どもに与える影響はいろいろあるようなので、以下にまとめてみました。

  • 運動能力が低下する
  • 人や自然とふれあう体験が不足する
  • 親子のコミュニケーションが少なくなる
  • 人間として必要な感覚が育たない
  • 想像力や相手を思いやる気持ちが育ちにくくなる
  • 人間関係をつくる力が育たない
  • 暴力的、反社会的な行動に移りやすくなる
  • 仮想や現実の区別がつかなくなる
  • 生や死の現実感覚が薄くなる

近年、キレやすい子どもが多くなってきたり、少年犯罪がぐんと増えたこともやっぱりテレビ漬けの影響と関連性があるでしょうね。

 

テレビという“仮想”世界が子どもの心から“現実”を奪う!

ここで、テレビが子どもに与える影響について、NPO「子どもとメディア」が小学生を対象に行った調査結果がありますのでご紹介します。
想像どおりの結果と言えばそれまでですが、その傾向がハッキリと現れていてちょっと恐ろしいほどですね。

※テレビなしの子ども=メディア接触1日0時間/テレビ漬けの子ども=メディア接触1日6時間以上
※無回答は含みません。

Question!人や動物がけがをすると、自分も痛い気がしますか?

ここをタップして表示Close
はいいいえ
テレビなしの子ども89.3%10.7%
テレビ漬けの子ども64.1%35.8%

Question!友達とうまくやっていけますか?

ここをタップして表示Close
はいいいえ
テレビなしの子ども92.9%7.1%
テレビ漬けの子ども71.8%25.6%

Question!たたいたり、殴ったりしたくなることがありますか?

ここをタップして表示Close
はいいいえ
テレビなしの子ども14.2%78.5%
テレビ漬けの子ども61.6%38.4%

衝撃的な少年犯罪が起きるたびに、テレビなどのメディアが子どもに与える影響について議論されたりしますが、関連性があるかどうかはわからないという一言で片付けられることも多いですよね。
ですが、一昔前までにはそれほど多くなかった少年犯罪が近年爆発的に多くなったことを考えると、少なからず影響はあるはず。
テレビが子どもの心から現実を奪って、仮想の世界に導いているとしか思えないんですよね・・・

 

 

「教育番組や子ども向け知育番組なら大丈夫」という大間違い

テレビと一口に言っても、その番組内容はいろいろです。
暴力的なものや刺激が強いものはもちろんNGですが、教育番組や子ども向けの知育番組であればいくら見せても大丈夫だと思っている親は少なくないはず。
むしろ、子どもに良い影響を与える番組だと考えて積極的に見せている場合もあるようです。

ですが、ここで重要なのは番組内容がどうこうではなくて、テレビに接する時間の長さ
テレビを見る時間が長ければ長いほど、親子のコミュニケーションが少なくなり、子どもの健常な発達が阻害されてしまうわけです。

 

テレビは時間を限って上手に見せるべき

・・・と、ここまでテレビが子どもに及ぼす悪影響ばかりを見てきましたが、テレビだってときには役に立ったり良い影響を与えてくれたりするもの。
見せすぎにはくれぐれも注意が必要ですが、「絶対に見せない!」と頑張るよりは「上手に見せよう!」と見せ方を工夫してあげるといいかもしれません。

Check!子どもにテレビを見せるときのポイントは?

大事なポイントはつぎの4点。

  • 1日の中で時間を決めて見ること

テレビをつけっぱなしにするのはもってのほか。
見せる時間の長さは、30分~1時間程度を目安にします。
あらかじめ見せる時間帯も決めておくと、テレビによって生活リズムが乱れることがないのでいいですね。

  • 画面から1m以上離れて、明るい部屋で見ること

子どもの目を守るためにも、テレビ画面から1m以上離れたところで見せるようにします。
画面と部屋の明るさが違いすぎると目が疲れるので、電気をつけるなどして明るい部屋で見せるようにします。

  • 見せる内容や音のボリュームに気を配ること

暴力的なシーンや恐怖感を与えるシーンがある番組は避けます。
その点、NHK教育テレビはふさわしい内容になっているのでおすすめです。
わたしなどは教育テレビデビューをして30数年になりますが、今も現役で楽しんでいますよ。
何なら子どもよりも詳しいかもしれません(笑)

  • 親子で会話を交わしながら見ること

これが一番大事なポイントですね。
子どもがテレビに反応したり、何か質問してきた場合は、言葉を返してあげるなどして共感することが大切です。
受け身になりがちなテレビですが、会話を交わしながら見ることでプラスのおもちゃに転じることができます。

 

テレビがなくとも子は育つ!いや、むしろテレビはないほうがいい

テレビは言うなれば、親子のコミュニケーションを奪ってしまう“時間どろぼう”。
親が忙しいときなどはテレビに子守りをさせてしまいたくなりますが、そこをグッと我慢してノーテレビデーを作ってみるとこれが意外にハマってしまうんですよ。
テレビが消えている時間にこそ子どもは成長するのではないかと思っているところです。

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top