しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

端午の節句の由来!こいのぼりは何のため?菖蒲湯に入る理由は?

端午の節句の由来!こいのぼりは何のため?菖蒲湯に入る理由は?

 

毎年5月5日は“こどもの日”。
男の子の健やかな成長を祝うとともに立身出世することを願う“端午の節句”ですね。

端午の節句と言えば真っ先に思い浮かべるのは“こいのぼり”。
端午の節句が近づいてくると、あちらこちらの家々の屋根のあたりに色とりどりのこいのぼりが悠々と泳ぎはじめます。

こいのぼりを見かけると、「あ~、あのおうちには男の子がいるんだなぁ」とか「こいのぼりあげるの大変だっただろうな~」とか「暖かくていい季節になったなぁ」とかいろんなことを思ったりします。

その一方で、「端午の節句って一体どのようにして始まったんだろう?」というような疑問が湧き上がってきたりします。
今まで当たり前だと思っていたこいのぼりも、「一体何のためにあげるんだろう?」とか端午の節句に入るとされている菖蒲湯についても「どうして菖蒲湯に入るんだろう?」など、いろいろ由来が知りたくなってきました。

今回は、端午の節句の由来についての話とこいのぼりについての話、菖蒲湯についての話をまとめてみたいと思います。

 

 

端午の節句とは?もともとの意味と由来について

端午の“”という字には“”という意味があって、“端午”とは月の初めの午の日を指しています。
なので、端午のもともとの意味は、本来なら5月に限らず毎月あるものなんですね。

これがどうして5月5日になったのかと言うと、“午(ご)”と“五(ご)”が同音であることや古くから月と日の数字が重なる日を祝う慣習があったことから、古代の中国では5月5日を端午の日として邪気をはらう行事が行われるようになりました。
そしてその慣習が奈良時代から平安時代にかけて日本に伝わり、貴族の間で取り入れられるようになったといいます。
このあたりは3月3日の桃の節句とも共通する部分がありますね。

また、日本ではもともと田植え前の5月に“早乙女(さおとめ)”と呼ばれる田植えをする女性がヨモギや菖蒲でふいた屋根のある家に一晩こもって身を清めるという行事がありました。
日本でもともとあった早乙女の行事と中国から伝わった邪気をはらう慣習が結びついて、端午の節句の行事が誕生したと考えられています。

 

端午の節句が男の子の成長を祝う行事になった理由は?

5月5日に邪気をはらう行事として誕生した端午の節句ですが、今のように男の子の成長を祝う行事になったのはどうしてでしょうか?

端午の節句の意味合いがこのように変化したのは武家社会からだと言われています。
武家社会では邪気をはらうために用いられた菖蒲が「武を尊ぶ」という意味合いの“尚武”と結びつき、男の子の出世や武運長久を願うような行事として形づくられていきました。

また、菖蒲は“勝負”を連想させることから勇ましさの象徴となり、武家ではよろいかぶとを飾って男の子の成長を祝うようになったとのこと。
だから今でもよろいかぶとや五月人形など、武家社会を連想させる飾り物が飾られているんですね。

 

 

端午の節句にこいのぼりをあげる理由は?

武家社会だけで行われていた端午の節句の行事ですが、江戸時代になると大きな商家にも伝わるようになりました。
武家にならってよろいかぶとの模造品を飾ったり、五色の吹き流しを飾るようにもなったようです。

庶民の間でも武家の吹き流しをまねて紙で作ったこいのぼりをあげるようになりました。
武家ではもともと家紋の入った“のぼり”や“旗指物(はたさしもの)”と呼ばれる、戦のときに鎧に立てる旗で端午の節句をお祝いしていたそう。
それが商家や庶民の間でこいのぼりとして定着するようになったんですね。

“のぼり”に鯉が使われるようになったのは、“滝をのぼった鯉が龍になる”という中国の伝説からです。
「男の子が健やかにたくましく成長して身を立てられるようになりますように」という願いが込められています。
こいのぼりは、天の神様に男の子の誕生を知らせて「この子をお守りください」とお願いするための目印の意味もあるのだとか。

こいのぼりには五色の吹き流しがついていますが、これは武家社会で使われていた飾り物のなごりなんですね。
この五色の吹き流しにもちゃんと意味があって、古代の中国の思想である五行説に由来しています。

五行説というのは、「万物は木・火・金・水・土から構成されていてそれぞれの相互作用で成り立っている」というもの。
万物を構成するこれらの要素のイメージカラーがそれぞれ赤・青・黄・白・黒(紫)となっていて、これが吹き流しの色となっているんですね。

それから、肝心の鯉ですが、明治の頃は真鯉(まごい)だけだったそうです。
それがしだいに真鯉と緋鯉(ひごい)になり、昭和になってから家族をイメージして子鯉(こごい)がつくようになったとか。
こいのぼりの鯉が時代が進むにつれてだんだん増えていっているのが面白いですね。

 

端午の節句に菖蒲湯に入る理由は?

古代の中国では端午の節句に菖蒲酒を飲んだり菖蒲湯に入ったりして邪気をはらう慣習がありました。

ここで言う菖蒲とは、花を楽しむアヤメ科のハナショウブではなく、サトイモ科のショウブですね。
菖蒲の茎や根には芳香のある精油成分があって、菖蒲湯にすることで血行が促され腰痛をやわらげるとされています。
また、菖蒲の茎や根からは胃の薬がとれることでも知られています。

菖蒲湯に入ることで血行が良くなって保温効果があるほか、菖蒲のいい香りに包まれて気持ちも良くなるそう。
端午の節句に男の子が菖蒲湯に入ることで「勝負に強くなる」とも言われています。

 

これまでただ何となく行ってきた端午の節句の行事も由来や意味を知るとなんだか重みが違ってきますね。
今年の端午の節句には菖蒲湯に入ってみようかな~と思っているところです。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top