しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

山形の芋煮の作り方!内陸風レシピと庄内風レシピをご紹介

山形の芋煮の作り方!内陸風レシピと庄内風レシピをご紹介

 

山形の秋の味として欠かせないのはやっぱり芋煮
河川敷や広場などで気の合う仲間と大きな鍋を囲んで開かれる芋煮会は、山形ならではの秋の風物詩ともなっています。
老若男女問わず、故郷の味として親しまれている芋煮ですが、内陸風庄内風という違った作り方があるというのも地域ごとに異なる食文化が根付く山形ならではといえますね。

今回は、山形のおいしい芋煮の作り方として、内陸風のレシピ庄内風のレシピをそれぞれご紹介します。

 

 

山形内陸風芋煮レシピ~しょうゆ仕立ての芋煮汁~

【材料】(5人分)

  • 芋(洗い里芋)・・・600g
  • 牛バラ肉・・・400g
  • こんにゃく・・・1枚
  • 長ねぎ・・・2本
  • しめじ(マイタケやモダシでもOK)・・・1パック
  • 酒・・・少々
  • 砂糖・・・少々
  • しょうゆ・・・適量

【作り方】

  1. 里芋は、食べやすく大きさに切る。
  2. 牛肉も食べやすい大きさに切る。
  3. こんにゃくは食べやすい大きさに手でちぎり、長ねぎは斜め切りにする。
  4. しめじは石づきを落とし、食べやすい大きさに小分けにする。
  5. 鍋に水を入れ、里芋を入れて火にかけ、あくを取りながら煮る。
  6. 里芋がやわらかく煮えたら、酒・砂糖・しょうゆの順に入れる。
  7. こんにゃくを加え、さらに煮る。
  8. 牛肉としめじを加え、火を通す。
  9. お好みに合わせて味を調え、一煮立ちさせる。
  10. 最後に長ねぎを加え、ねぎに火が通ったら出来上がり。

 

 

山形庄内風芋煮レシピ~みそ仕立ての芋煮汁~

【材料】(5人分)

  • 芋(洗い里芋)・・・600g
  • 豚バラ肉・・・400g
  • こんにゃく・・・1枚
  • 油揚げ(厚揚げ)・・・1枚
  • ささがきごぼう・・・1袋
  • 長ねぎ・・・2本
  • しめじ・・・1パック
  • 酒・・・少々
  • 砂糖・・・少々
  • しょうゆ・・・少々
  • みそ・・・適量

 

【作り方】

  1. 里芋は、食べやすい大きさに切る。
  2. 豚肉も食べやすい大きさに切る。
  3. 油揚げ(厚揚げ)は油抜きし、さいの目に切る。
  4. こんにゃくは食べやすい大きさに手でちぎり、長ねぎは斜め切りにする。
  5. しめじは石づきを落とし、食べやすい大きさに小分けにする。
  6. 鍋に水を入れ、里芋を入れて火にかけ、あくを取りながら煮る。
  7. 里芋がやわらかく煮えたら、酒・砂糖・しょうゆ・みその順に入れる。
  8. こんにゃくとごぼうを加え、さらに煮る。
  9. 豚肉と油揚げ、しめじを加え、火を通す。
  10. お好みに合わせて味を調え、一煮立ちさせる。
  11. 最後に長ねぎを加え、ねぎに火が通ったら出来上がり。

 

最後に・・・

鍋に残った芋煮に、カレールーとうどんを入れて煮る「芋煮カレーうどん」は、芋煮会の締めのメニューとして定番になっています。
この場合、芋煮汁を多めに作って汁をたくさん残しておくのがポイント。
山形の秋の味覚、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top