しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

目覚ましをかけても朝起きられない!原因と目覚めを良くする方法は?

目覚ましをかけても朝起きられない!原因と目覚めを良くする方法は?

 

あなたは朝起きるために1つの目覚ましですっきり目覚めることができますか?
置き型タイプの目覚まし時計とスマホのアラームを併用したり、そのうえスヌーズ機能を活用したりと、いくつもの目覚ましに頼って朝起きるのに苦労していませんか?

実は目覚ましをかけても朝すっきりと起きられないのには原因があります。
今回は、その原因を知ることで朝の目覚めを良くする方法についてお話ししたいと思います。

 

 

睡眠にはサイクルがある!

あなたは睡眠時間にサイクルという一定の周期があるのをご存知でしょうか?
結論から言うと、朝の目覚めを良くするためにはこの睡眠サイクルを理解することが重要になります。

睡眠にはレム睡眠ノンレム睡眠という2つの種類があり、このレム睡眠・ノンレム睡眠を合わせると90分という長さになります。
そしてこの90分を1回の睡眠サイクルとして、一晩に4~6回繰り返されることで睡眠が成り立っています。
なので、90分サイクルで睡眠時間をとるようにすれば、その区切りですっきりと起きることができるようになります。
朝の目覚めが良くないという人の場合、ほとんどがこの睡眠サイクルを無視して無理やり起きようとしているんですね。

解決策としては、朝起きたい時刻からさかのぼって90分の倍数になる時刻に就寝するようにすれば、ちょうど起きたい時刻に起きるタイミングが合うようになるのですっきり目覚めよく起きられるようになります。

「90分の倍数で睡眠時間をとるようにすればすっきり起きられる」という理屈は分かりました。
でも、そのとおり眠ることができるかどうかは疑問です。
まず、就寝時間を決めて実行しようとしてもその時間に眠りにつけるかどうかは全く分からないからです。

 

 

こんな目覚まし時計を発見!

大体90分サイクルで睡眠時間がとれると仮定して、一番目覚めよく起きられるタイミングを目覚まし時計が感知して起こしてくれるとしたら、どんなにか便利なことでしょう。

そして、こんな夢のような便利グッズが実際にあるのでご紹介しますね。
目覚ましをかけても朝起きられない方の救世主となる目覚ましかもしれませんよ。

⇒スリープトラッカーの公式ページを見てみる

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top