しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

花粉症を予防する6つのコツと症状を和らげる3つの食材とは?

花粉症を予防する6つのコツと症状を和らげる3つの食材とは?

 

春先になると、くしゃみや鼻づまり、目のかゆみなどで毎年多くの人を悩ませるアレルギーが花粉症

今回は、ちょっと心がけるだけで花粉症の予防につながる6つのコツ花粉症の症状を和らげる3つの食材をご紹介します。

 

 

花粉症を予防する6つのコツ

コツ①外出時にはマスクとメガネを忘れずに!

花粉症を予防するコツの1つめは、なんと言っても花粉が目や鼻に付かないようにすること。
外出するときには、厚手のマスクや大きめのメガネ(サングラス)を着用。
できれば帽子もかぶるとさらに効果的。

コツ②外出したら家に入る前に服をはたいて!

外から家に入るときは、家の中に花粉を持ち込まないように髪や服についた花粉をよくはたきます。
手洗い、うがい、洗眼も忘れずに行います。

コツ③花粉の多い日は窓を開けない!

花粉の多い日は窓を閉めきって開けないようにします。
花粉症の人にとって何より大切なことは、花粉に触れないこと。

コツ④花粉情報に注目!

その日の天気や風量、風向きなど、天候によって花粉の飛ぶ量が変わります。
テレビや新聞などの花粉情報は毎日チェックして、花粉の量が多い日は外出を控えます。

コツ⑤掃除は花粉の少ない朝のうちに行う!

掃除をするときは花粉の少ない朝早くに行い、昼間は窓の開け閉めをできるだけ少なくする。
室内に入った花粉は掃除機で舞い上げないように、濡れ雑巾やモップなどでふくようにします。

コツ⑥布団や洗濯物はよくはたいて!

花粉が大量に飛びそうな日には、布団や洗濯物を外に干すのはなるべく控えるようにして、乾燥機を使用したり室内干しにします。

花粉症を和らげる3つの食材

食材①乳酸菌を含む食品

乳酸菌”は腸内にいる善玉菌を増やすことで免疫力を高めてくれます。
免疫力が高まることでアレルギーを抑えることができると言われています。

食材②ポリフェノールを含む食品

緑茶大豆ワインなどに多く含まれることで知られている“ポリフェノール”。
抗酸化物質が多いため毛細血管を強化、保護、活性酸素を抑制し血流を改善してくれます。

食材③ビタミンやミネラル豊富な野菜類

野菜にはポリフェノールだけでなく、免疫機能を高めてくれるビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

 

花粉症を予防する6つのコツ花粉症の症状を和らげる3つの食材、ぜひ参考にしてみてください。


>>免疫力を高めてくれるブロリコ

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top