しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

車酔いの原因と対策!車酔いしないで長距離ドライブを楽しむ方法

車酔いの原因と対策!車酔いしないで長距離ドライブを楽しむ方法

 

ゴールデンウィークや長期休みのお出かけで移動手段としてよく使われる車。
車でドライブをすることは楽しいことですが、長い時間乗っていなきゃいけない状況だと心配になるのが車酔いですよね。

誰か一人でも車酔いしてしまうと、せっかくのお出かけも台無し・・・
車酔いしてしまった人はもちろんですが、介抱するほうも大変です。

車酔いをするメカニズムは複雑なものがあるらしいのですが、原因がはっきりしているものもいくつかあるので対策をしっかりとって長距離ドライブに備えるようにしましょう。

 

 

そもそも車酔いはどうして起きる?

車酔いは、体が動かない状態で目だけが動く風景を見ている場合に起こります。
つまり、視覚と体の動きの感覚とのズレから不快感が生まれ、それが気持ち悪さにつながるというわけです。

車酔いをしにくい人は視覚と体の動きの感覚とのズレを修正する力をもっているのですが、車酔いをしやすい人はズレを修正する力がないために気持ち悪くなってしまうんですね。

 

車酔いしてしまう原因は?

車酔いしやすい人が車酔いになったときのきっかけや原因には、つぎのような条件が挙げられます。

  • 睡眠不足だった。
  • 空腹だった。
  • 読書をしていた。
  • 排気ガスやタバコのにおいがきつかった。
  • 「酔うかもしれない」という思い込んだ。
  • 映画やテレビを観た。
  • 姿勢が悪かった。
  • 甘い飲み物を飲んだ。
  • ゲームをした。
  • 雨が降っていた。

 

 

車酔いをしない!させない!ドライブ方法

上記のようにはっきりとしたきっかけや原因が分かっている場合は、その原因を取り除くことで車酔いを防ぐことができるはず。

以下は、すぐに役立つドライブ方法なので、車酔い対策に役立ててみましょう。

【運転しない人の車酔い対策】

  • 長時間車に乗る予定がある前日は、しっかりと睡眠をとって寝不足にならないようにする。
  • 車に乗る前はお腹に食べ物を入れて空腹状態を避けるようにする。
  • 脂肪分の多い食事は避け、腹八分目で抑えるようにする。
  • 無駄に首が動かないようにエアー枕を装着する
  • 酔い止めの薬を飲んでおく。
  • 体を締め付けない服装をする。
  • 正しい姿勢でシートベルトをしっかり装着し、ヘッドレストは頭の位置に合わせる。

【運転する人の車酔い対策】

  • 急ブレーキと急発進を避ける。
  • カーブでの小刻みなハンドル操作を避け、ゆるやかなハンドル操作でゆとりのある運転を心がける。

 

とくに子どもの場合は、体のバランスをとる自律神経系が十分に発達していないうえに車に乗る経験も少なく、姿勢のバランスもとりにくいため車酔いしやすい傾向があります。
大人になるにつれて自然に酔わなくなっていくことが多いようですが、車酔いしやすい子どもにはあらかじめ酔い止めの薬を飲ませて精神的に安心させてあげることが効果的です。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top