しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

土鍋の焦げの落とし方!捨てるモノでエコに焦げを落とす方法

土鍋の焦げの落とし方!捨てるモノでエコに焦げを落とす方法

 

寒い季節に食卓の定番となっている料理と言えばやっぱりお鍋
寄せ鍋やちゃんこ鍋などの定番お鍋はもちろん、最近ではトマトやチーズを使った洋風のお鍋や辛味の効いた韓国風のチゲなども楽しまれるようになってきました。

食べ物の栄養を煮汁ごといただけるお鍋は、お肌にも体にもうれしい料理。
しかも簡単なので忙しい主婦の救世主とも言える料理なんですよね。

そんなみんなが大好きなお鍋ですが、お鍋に使われる土鍋のお手入れに困っている方も多いようです。
土鍋を長く使っていると必ずと言っていいほど現れてくる問題が土鍋の焦げ付き
今回は、土鍋の焦げをエコに落とす方法をご紹介したいと思います。

 

 

土鍋の焦げの落とし方【その1】

用意するもの:焦げた土鍋、りんご、クレンザー、金タワシ

①焦げた土鍋にりんご1個分の皮を入れ、水を8分目ほど入れて煮立てる。

②金タワシにクレンザーをつけて磨く。

 

土鍋の焦げの落とし方【その2】

用意するもの:焦げた土鍋、お米のとぎ汁、固めのスポンジ

①焦げた土鍋にお米のとぎ汁を入れて一晩おく。

②翌朝、固めのスポンジで洗う。

 

上の2つの方法は、りんごの皮”や“お米のとぎ汁”という捨てるモノを再利用する形で土鍋の焦げを落とすというエコな方法ですが、それ以外の方法としてはこんな落とし方もあるので合わせてご紹介しますね。

 

 

土鍋の焦げの落とし方【その3】

用意するもの:焦げた土鍋、酢50cc

①焦げた土鍋に酢50ccと水を8分目ほど入れて煮立てる。

②完全に煮立ったら自然に冷まして一晩放置する。

③翌朝、固めのスポンジで洗う。

 

土鍋の焦げの落とし方【その4】

用意するもの:焦げた土鍋、重曹大さじ2~4杯

①焦げた土鍋に重曹を大さじ2~4杯程度入れ、水を8分目ほどいれて煮立てる。

②完全に煮立ったら自然に冷まして一晩放置する。

③翌朝、固めのスポンジで洗う。

 

それでも落ちない頑固な焦げの場合は、3日以上天日に干してカラカラな状態に乾かすと焦げ付きがはがしやすくなりますよ。

1つの方法でうまくいかなくても、それぞれを組み合わせたり何度かチャレンジしていくうちに焦げがすっかりキレイに落ちるようになります。
ぜひお試しくださいね。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top