しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違いは?コレステロールが必要な理由

悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違いは?コレステロールが必要な理由

 

あなたは“コレステロール”と聞くと、「体に害を与えるもの!」として反射的に悪者だと決めつけてしまってはいませんか?

確かに、コレステロールは動脈硬化などを引き起こす危険因子としてその名が一般に知られています。
ですが、実は体にとって大切な働きをしているんですよ。

今回は、コレステロールがどうして悪玉・善玉と呼び分けられているのか、その理由についてお話ししたいと思います。

 

 

コレステロールは体に必要なもの!

あなたは、「コレステロールの高いものは体に良くないので避けるようにしよう!」というふうに考えてはいませんか?
コレステロールは増えすぎると体に害を及ぼすものですが、少なすぎても良くないんです。
なぜなら、コレステロールはわたしたちの体に害を与えるだけではなくて有用な働きも行っているからです。

その有用な働きとは、たとえば、細胞を構成する細胞膜の原料として細胞を維持する役割を果たしていること。
それから、生体機能を調整する副腎皮質ホルモンや性ホルモン、食事で摂取した脂肪を消化する胆汁酸の原料になることが挙げられます。

コレステロールは血液によっていろいろな組織に運ばれますが、脂質という性質上、そのままの状態では血液に溶け込むことができません。
そこで“リポタンパク”と呼ばれる、タンパク質と脂質が組み合わさったものと一緒に血液中を移動するのだとか。

 

 

悪玉・善玉とは何のこと?

コレステロールにはLDLと呼ばれる悪玉コレステロールHDLと呼ばれる善玉コレステロールがあります。
この悪玉と善玉はそれぞれリポタンパクの種類を表していて、コレステロールそのものは同じなのですが、リポタンパクが良い働きをするものか悪い働きをするものかで悪玉・善玉というふうに区別されています。

悪玉のリポタンパクであるLDLは、肝臓でつくられたコレステロールを体のすみずみまで運ぶ役割をもっています。
このLDLが細胞内で使われずにあまってしまうと血管の壁面にこびりついて動脈硬化を招くことになってしまうんですね。

その一方で善玉のリポタンパクであるHDLは、血液中や血管の壁面にたまったコレステロールを回収して再び肝臓に戻す役割をもっています。
このHDLが多ければ多いほど動脈硬化になりにくいというわけです。

このように、コレステロールが全く体に不要なものかと言うとそうではなく、生命を維持するうえでは欠かせないものなんです。
コレステロール自体が悪者なのではなく、一緒になって行動するリポタンパクの種類によって体に良いものになったり悪いものになったりするということなんですね。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top