しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

子ども・子育て支援新制度とは?幼稚園の入園料や保育料はどう変わる?

子ども・子育て支援新制度とは?幼稚園の入園料や保育料はどう変わる?

 

今年度2015年4月から新しく導入された「子ども・子育て支援新制度」
“新制度”としてスタートしたこの制度によって、幼稚園、認定こども園、保育所などのあり方が整備されたということですが、一体何がどう変わって、わたしたち保護者はどうすればいいのか、ちょっと分かりにくい点も多いですよね。

そこで今回は、これからお子さんの入園を考えている保護者のみなさんとすでに入園しているお子さんをもつ保護者のみなさんに向けて、子育て応援のための大切な制度となる「子ども・子育て支援新制度」について詳しくみていきたいと思います。

 

 

そもそも「子ども・子育て支援新制度」の目的は?

この新制度の目的は、大きくまとめるとつぎの3点になります。

  • 子育ての負担を減らす
  • 待機児童問題を解消する
  • 少子化に歯止めをかける

「子ども・子育て支援新制度」は、消費税が10%にアップされた中から7000億円が財源として使われます。
つまり、新制度の財源は消費税の一部からまかなわれるというわけですね。
幼児期の教育・保育に必要な施設である幼稚園、認定こども園、保育所などの運営や子育て支援、学童保育、児童手当などにもこの財源が使われます。

“すべての子どもたちに質の高い教育と保育を推進しよう!”というのが「子ども・子育て支援新制度」の目的です。

 

新制度で幼稚園や保育園はどう変わる?

この新制度でとくに大きく変わるのは、幼稚園や保育所の利用方法。
一部の幼稚園とすべての保育所を利用するためには、“認定”を受ける必要が出てくるんですね。

もっと分かりやすい例を挙げると、「子ども・子育て支援新制度」の“認定”は「介護保険制度」の“要介護認定”のようなもの。
子どもの年齢や保育の必要性、保護者の就労状況によって認定の区分が変わり、その認定ごとに決められた施設を利用できるというイメージです。

実際の認定区分はつぎの通りです。

1号認定

満3歳児以上で教育のみを希望する子ども

(利用施設:私立幼稚園、認定こども園)

2号認定

満3歳児以上で「保育の必要な事由」に該当し、保育を希望する子ども

  • 保護者のフルタイム就労を想定した利用時間:最長11時間
  • 保護者のパートタイム就労を想定した利用時間:最長8時間

(利用施設:認定こども園、保育所)

3号認定

0歳~2歳児で「保育の必要な事由」に該当し、保育を希望する子ども

  • 保護者のフルタイム就労を想定した利用時間:最長11時間
  • 保護者のパートタイム就労を想定した利用時間:最長8時間

(利用施設:認定こども園、保育所)

 

 

新制度に移行する園に行くには認定証が必要!

新制度に移行しない幼稚園の場合は認定を受ける必要がありませんが、新制度に移行する幼稚園や保育所の場合はそれらの施設を通じて市区町村に認定申請をして認定証を受け取る必要があります。

認定を受けると1号~3号の認定区分が明記され、1ヶ月あたりの保育時間の上限が記された認定証が発行されます。
認定を受けてから認定証が発行されるまでの期間は最長30日とされています。

 

私立幼稚園のタイプは3つに分けられる!

「子ども・子育て支援新制度」で、私立幼稚園は大きく分けるとつぎの3つのタイプに分けられることになります。

  • ①新制度に移行しない私立幼稚園
  • ②新制度に移行する私立幼稚園
  • ③新制度の認定こども園
    (幼稚園としての機能だけでなく、保育所としての機能もあわせもつ園)

 

①の幼稚園に入園を希望する場合・・・

入園方法、保育料の支払いなどについては現在の仕組みがそのまま維持されます。

【入園の流れ】

  1. 幼稚園に直接利用の申し込みをする。
  2. 幼稚園から入園の内定を受ける。
  3. 幼稚園と契約する。

 

②の幼稚園に入園を希望する場合・・・

入園の申し込みは今まで通りですが、幼稚園を利用するために市区町村から認定証を受け取ることが必要になります。

【入園の流れ】

  1. 幼稚園に直接利用の申し込みをする。
  2. 幼稚園から入園の内定を受ける。
  3. 幼稚園を通じて市区町村に認定申請をする。
  4. 幼稚園と契約し、幼稚園を通じて認定証を受け取る。

 

③の幼稚園に入園を希望する場合・・・

②と同じく、市区町村から認定証を受け取ることが必要になります。
※1号認定の場合は、②と同様の流れになります。

【入園の流れ(1号認定の場合)】

  1. 幼稚園に直接利用の申し込みをする。
  2. 幼稚園から入園の内定を受ける。
  3. 幼稚園を通じて市区町村に認定申請をする。
  4. 幼稚園と契約し、幼稚園を通じて認定証を受け取る。

 

【入園の流れ(2号・3号認定の場合)】

  1. 市区町村に認定申請し、認定証を受け取る。
  2. 市区町村に利用先の利用希望を申し込む。
  3. 市区町村が調整し、利用先を決定する。
  4. 利用先の園と契約する。

※市区町村によっては、幼稚園を通じて認定申請をすることもできます。

 

 

新制度では入園手続きはどう変わる?

新制度に移行したとはいえ、幼稚園や保育所への入園手続きが大きく変わるわけではありません。
幼稚園の場合は、3つのタイプ分けによる認定を受けることや、認定を受けた場合は認定証が交付されることなどが従来の申し込み方法と異なる点になります。

保育所の場合もこれまでどおり、市区町村に必要な書類を提出して申し込み、保育所を利用できる要件に該当していることを市区町村が認定したうえで実際に入園できる保育所を調整します。

認定証は保育所に入園できるかどうかに関係なく交付され、保護者の就労時間の状況に応じて保育できる時間の最長時間が設定されます。

 

新制度で入園料や保育料はどう変わる?

【1号認定の場合】

これまではそれぞれの幼稚園が定めた一律の保育料でしたが、新制度に移行した幼稚園では世帯の所得などに応じて市区町村が定めた保育料を納めることになります。

ちなみに、新制度に移行しない幼稚園の入園料や保育料はこれまで通りです。

【2号認定・3号認定の場合】

国が定める所得に応じた負担額は従来と同等の水準とされますが、保護者の就労状況がパートタイム就労の場合は従来の保育料水準から1.7%が軽減されます。
実際には各市区町村が国の基準よりも負担を軽減しているので、実際の保育料はそれぞれお住まいの自治体にご確認ください。

 

こうやってまとめてみてもなんだか分かりづらい新制度ですが・・・
冒頭で挙げた「子ども・子育て支援新制度」の目的である子育ての負担を減らして待機児童問題を解消するという2点だけでもなんとか達成できるようになってほしいものですね。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top