しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

捨てられない!子どもの作品どう分類・整理・保存する?

捨てられない!子どもの作品どう分類・整理・保存する?

 

幼稚園や保育園で子どもが一生懸命作ってきた絵や工作などの作品
子どもの作品にはそのときそのときの成長の足跡が刻まれていて、子どもにとっても親にとってもかけがえのない、思い出いっぱいの宝物ですよね。

ですが、学期末や卒園時にどっさりと家に持ち帰ってくる作品をどう分類・整理して保存すればいいのか、わたしたち親にとっては頭の痛い問題でもあります。
収納する場所がないからと言って処分するのには忍びないし、できるだけ大切に保存しておきたいものです。

今回は、子供の作品をどのように分類・整理して保存すればいいのか、ちょっとしたアドバイスとアイデアをお伝えします!

 

 

子どもの作品、どれを残してどれを処分する?

毎年どんどん増えていく子どもの作品
将来のことを考えればなるべくたくさん保存しておきたいけれど、収納スペースも限られているのですべての作品を取っておくということは現実的に無理だったりしますよね。
そんなときには、どの作品を残すのか、親子で一緒に考えてみてはいかがでしょう?

①残す作品を子どもと相談してみる!

どの作品を残してどの作品を処分するかは、親だけの独断と偏見で考えてはいけません。
子どもには子どもの思い入れというものがあるので、必ず子どもと一緒に話し合いながら保存したい作品を決めていきます。

②小さくて薄い作品は1年ごとにまとめてファイルする!

しおりや折り紙、シールやお手紙など、比較的小さくて薄くファイリングしやすい作品は1年ごとにまとめて大型のホルダーなどに保存します。
ホルダーの表紙には年度や学年・組などを記載し、子どもにイラストなどを描いてもらうとホルダー自体が作品となって楽しむことができます。

③ファイルできない立体作品は写真撮影して保存する!

子どもが作ってくる作品で保存に一番悩むのは、紙粘土やペットボトルなどで作った立体作品。
このような作品は時が経つにつれてだんだんと形が崩れてボロボロになってしまうので、キレイなうちに写真を撮っておくようにします。

プリントした写真をホルダーにまとめれば、世界でたったひとつの立派な作品集のできあがりです。

 

 

ホルダーに入らない大きい絵の保存はどうする?

画用紙などに書かれた大きな絵の場合、上記に挙げたような大型のホルダーでも入らない場合が多いですよね。
半分に折ってしまえば入りますが、せっかくの絵を折ってしまうのはつらいところ。

そんなときはお気に入りの作品を選んで額に入れて飾ってみてはどうでしょう?
額に入れると絵が一段と引き立ちますし、子ども部屋やリビングに飾るとお部屋もアットホームな印象になります。

くるくると丸めて保存する方法もありますが、それだと上に何かが重なったときに押しつぶされてぐしゃぐしゃになってしまう可能性も・・・

もっと簡単な方法としては、デパートなどの入り口にある濡れた傘を入れるビニール袋を使うこと。
絵を丸めて傘袋に入れて、口を閉じてぶら下げておけばつぶされることなく保存できます。
ただし、傘袋の利用は常識の範囲でお願いしますね。

絵の保存に関しても、やはりデジカメやスマホなどでデータとして残しておくことがおすすめです。

 

以上、捨てられない子供の作品をどう残してどう保存したらいいのか、ちょっとしたアドバイスとアイデアをご紹介しました。
どうぞ、参考にしてみてくださいね。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top