しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

半身浴で本が濡れた!濡れた本を元通りにする方法とNG対処法

半身浴で本が濡れた!濡れた本を元通りにする方法とNG対処法

 

「大切な本を濡らしてしまった・・・」
こういう経験は誰にでもあると思いますが、こういうときに本を元通りにする正しい対処法があるのを知っている人は意外にも少ないようです。

今回は、濡らしてしまった本をページが反り返ったり波打ったりすることなく戻す方法をお話しします。

 

 

“濡れた本を元通りにする方法”を見出した経緯

わたしはお風呂で本を読むのが好きで、半身浴のお供としてお気に入りの本をお風呂に持ち込んだりすることがあります。
そうすると、いくら気をつけていても本が濡れてしまうんですよね。

よく読むお気に入りの本の場合は、お風呂でも読むことを見越して“保管用”と“お風呂用”というように最初から2冊買いしてしまうんですが、全部が全部そういうわけにはいきません。
同じ本の2冊買いは保管に値するようなとっておきの本だけ。
どれもこれも2冊買いだと置き場所のスペースも2倍必要だし、同じ本にお金を払うぐらいなら違う本を2冊買ったほうがいいですからね。

 

本が濡れたら真っ先にやるべきことは?

それで、「もし本が濡れてしまったらどうすればいいか?」ですが、そんなときは数ページごとにティッシュペーパーを1枚ずつ挟んでいきます。
ある程度挟み終わったらしばらく放置。
それが乾いてきたら違うページにまた挟み直して乾かします。

こうやって丁寧に水気を吸収したら、本を閉じて上に重しを乗せておきます。
タウンページなどがいいかもしれませんね。

本が完全に乾くまでは通気性の良いところに置いておきましょう。
カビや湿気が発生しないようにですね。

 

 

これだけはやっちゃいけない!NG対処法

濡れた本を乾かすときにやってしまいがちなNG対処法は、ドライヤーやアイロンなどの熱で急激に乾燥させること。
急激に湿気を飛ばすと、本の表紙が反り返ってしまったり、ページが波打ってしまったりしてしまいます。

濡れた本を乾燥させるときはあくまでも自然乾燥が大事。
押し花を作る要領で、ゆっくりじっくり乾かしていくのがポイントです。

 

わたしもお風呂での本の取り扱いにはだいぶ慣れたもので、本を濡らしてしまうことはほとんどなくなりましたが、半身浴で本をお風呂に持ち込むときは念のために必ずこの半身浴必須アイテムを使用します。
これを使うことで本をお風呂に落っことしたり下のほうが湯船につかってしまうようなことがなくなりました。

本が濡れてしまうのは何も半身浴のときに限ったことではありません。
本に水をこぼしてしまったり、本が雨で濡れてしまったりすることもありますよね。
そんなときはぜひ“濡れた本を元通りにする方法”を試してみてください。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top