しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

おしることぜんざいの違いは?関東と関西で何がどう違う?

おしることぜんざいの違いは?関東と関西で何がどう違う?

 

おしるこ”あるいは“ぜんざい”を食べているときに決まってふと疑問に思うのが、「これって“おしるこ”?それとも“ぜんざい”?」ということ。
あなたも一度は疑問に思ったことがあるかもしれませんね。

  • 粒あんかこしあんか?
  • 汁気があるか?ないか?
  • もちが丸いか?四角いか?
  • そもそも入っているのがもちなのか?白玉なのか?

などなど、いろいろな意見や諸説があるようですが、本当のところはどうなんでしょう?

甘党のわたしとしてはしっかり押さえておきたいところなので、ちょっとググッて調べてみることにしました。

 

 

まずは困ったときのウィキペディア!

・・・ということで、“おしるこ”と“ぜんざい”2つがWikipediaでどう説明されているかチェックです。

“おしるこ”とは?ー出典:Wikipedia

小豆などを砂糖で甘く煮た小豆汁の中に、餅や白玉団子、栗の甘露煮などを入れた食べ物。

関東では漉(こ)し餡を用いたものもつぶし餡を用いたものも汁粉と呼ばれるが、関西では漉(こ)し餡を用いたもの汁粉と呼び、つぶし餡を用いたものはぜんざいと呼び分けるのが通例である。

“ぜんざい”とは?ー出典:Wikipedia

主に小豆を砂糖で甘く煮て、この中に餅や白玉団子、栗の甘露煮などを入れた日本の食べ物である。

一般的には小豆の粒が存在するものを指して用いられる用語である。

 

つまり、両者を分けるキーポイントは“あん”の形状のようですが、関東の場合は粒あんもこしあんも区別なく“おしるこ”と呼ばれていて、関西の場合は粒あんが“ぜんざい”、こしあんが“おしるこ”と区別されています。

“おしるこ”は漢字で表記すると“お汁粉”であることからも分かるように、関東では汁気のあるものであれば“あん”の形状が粒であろうがなかろうが“おしるこ”なんですね。

では、粒あんもこしあんも区別なく“おしるこ”と呼んでいる関東には、“ぜんざい”が存在していないのかと言うとそうではなく・・・
関東で言うところの“ぜんざい”は汁気のないものを指します。

一方、関西では粒あんで汁気のないものは“亀山”というように呼ばれています。

 

(参照:日本経済新聞)

 

結局のところどっちがどっち?

以上のことをわたしなりにまとめると、“おしるこ”と“ぜんざい”の違いは、もともとは“あん”の形状が粒あんかこしあんかにあったのだけれど、関西から関東へと広まっていく過程でその違いが正しく伝わらなかったのでしょう。
つまり、“おしるこ”か“ぜんざい”かは関東と関西での呼び名が違うというだけで、両者そのものの内容自体にはたいして大きな違いがないと言えます。

わたし個人の意見としては、「“おしるこ”でも“ぜんざい”でも、おいしけりゃどっちでもいいよね!」という感じです。
あんこにもちさえ入っていれば。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top