しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

赤ちゃんの虫歯はキスや口移しなどの虫歯菌が原因!予防と対策は?

赤ちゃんの虫歯はキスや口移しなどの虫歯菌が原因!予防と対策は?

 

かわいい赤ちゃんに頬ずりやチューをしてしまいたくなるのは親なら当然。
でも、ちょっと待って!
もしかしたらその行為が赤ちゃんの虫歯の原因となってしまうかも!?

 

 

赤ちゃんの乳歯と虫歯

赤ちゃんの乳歯は、生え始めたときから虫歯になってしまうリスクがあります。
生え始めの乳歯は歯質が薄くやわらかいために酸で溶かされやすく、エナメル質や象牙質の厚さは大人の永久歯の半分ぐらいしかないといいます。
そのため、一度虫歯になってしまうと一気に進行してしまうんですね。

乳歯の時期に虫歯になってしまうと、口の中に虫歯菌がいる環境になってしまっているわけなので、そのままでは永久歯も虫歯になってしまう可能性が高くなります。
乳歯はいずれ永久歯に生え変わるからと言って乳歯の虫歯を安易に考えていると、将来にわたって長い間使い続けることになる永久歯の運命も危うくなるのです。

なので、乳歯の頃から虫歯にならないようにお口の環境を整えてあげることが大切なんですね。

 

乳歯の虫歯の原因は親からの虫歯菌感染!?

赤ちゃんが虫歯になる原因として一番に考えられているのは、実は親からの虫歯菌感染です。
赤ちゃんの前歯が生え始める離乳期に主にお母さんからうつって赤ちゃんのお口に定着することが多いと言われています。
いつもお世話をしているお母さんやお父さん、あるいはおばあちゃんやおじいちゃんが持っている虫歯菌が唾液などを介して赤ちゃんのお口に入ってしまうと、赤ちゃんに虫歯菌が感染してしまうのです。

なので、かわいいからと言ってお口に直接チューをしたり、口移しで食べ物を与えたりすることは厳禁
もちろん、親が口をつけた食器などで食事をさせることもNGです。

赤ちゃんは虫歯菌ゼロの状態で産まれてくるので、その状態を維持し続けることができれば虫歯が発生することはありません。
ですが、どんなに気をつけていても3歳以降になると虫歯菌をもっている子どもは急上昇し、遅かれ早かれ虫歯菌に感染してしまうというのが現状です。

 

赤ちゃんの虫歯を防ぐには?

最近の研究によると、赤ちゃんの虫歯の原因はそのほとんどが虫歯菌の感染によるものだとされています。
なので、赤ちゃんの虫歯を予防するには、

  • 赤ちゃんが虫歯菌に感染してしまうのをなるべく遅らせるようにすること
  • 虫歯菌に感染しても虫歯菌の数を減らすようにすること

以上の2点がポイントになってきます。

赤ちゃんへの虫歯菌感染を極力避けるためには、お世話をする時間の長いお母さんやおうちの方のお口を健康な状態にしておく必要があります。
治療していない虫歯がある場合は早めに治療し、歯みがきを徹底することが大事です。
それから、もちろん赤ちゃん自身の歯みがきも必要です。

 

初めての歯みがきはどうしたら?

乳歯を健康な状態に保つためには、乳歯が生え始めたら歯みがきの習慣づけをスタートします。

まず、赤ちゃんを仰向けに寝かせて頭を大人のひざ上に乗せます。
そして、清潔な指でお口の中を触ってみましょう。

はじめのうちはガーゼや綿棒などでぬぐうように拭き、慣れてきたら乳児用の歯ブラシで1~2回ちょんちょんと歯に触れるようにして歯みがきの練習をしていきます。
最初は嫌がる赤ちゃんも多いですが、練習するうちにだんだんと慣れてくるので少しずつ続けます。

歯ブラシの刺激に慣れてきたら、今度は歯を見ながら1本1本やさしく丁寧にみがいていきます。
みがく時間の目安としては1本あたり約5秒。
長すぎても短すぎてもいけません。

赤ちゃんが歯みがきを嫌いにならないように笑顔でほめながらみがいてあげることも大切。

ミルクを飲んでいる赤ちゃんの場合は、上唇の裏側にミルクかすがついていることもあるので、ガーゼなどでやさしくふき取ってあげましょう。

 

 

おっぱいや哺乳瓶も虫歯の原因!?

1歳半頃~2歳半頃にできやすい虫歯が、“おっぱい虫歯”や“哺乳瓶虫歯”と言われる赤ちゃん特有の虫歯。
唾液の分泌が減少する睡眠時に赤ちゃんを寝かしつけるためにおっぱいやミルクを飲ませることで、歯がおっぱいやミルクづけになって発症します。

赤ちゃんの歯の健康を考えると、1歳すぎには夜間のおっぱいや哺乳瓶を終わらせるようにしたほうがいいでしょう。

 

赤ちゃんのおやつは時間と量を決めて!

おやつをあげるときは時間と量を決めて、ダラダラと食べることのないように気をつけます。
甘いお菓子やジュースなどをダラダラ食べていると、

食べ物が口の中にある時間が長くなる

口の中が酸性に傾く時間が長くなる

酸が乳歯を溶かして虫歯になりやすくなる

という状態になってしまいます。

 

虫歯になりやすいおやつの特徴は?

  • 砂糖をたくさん含んでいる
  • 食べ終わるのに時間がかかる
  • 歯にくっついたり詰まりやすい

これらの条件に当てはまるおやつは、虫歯になりやすいおやつと言えるので避けるようにしたほうがいいでしょう。

 

虫歯菌が赤ちゃんにうつるのを完全に防ぐことは難しいですが、歯みがきを念入りに行ったりおやつやジュースのあげ方に気を配ったりするだけでもだいぶ違ってきます。
かかりつけの歯科医院を決めて、定期的に赤ちゃんのお口をチェックしてもらったり、フッ素塗布をしてもらうことも有効な虫歯対策になります。

まずは、お母さんのお口の健康を見直すことから始めてみましょう!

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top