しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

ひな人形の飾り方(七段飾り)いつから飾る?いつ片付ける?

ひな人形の飾り方(七段飾り)いつから飾る?いつ片付ける?

 

女の子の健康と幸せを願って飾るひな人形
豪華な段飾りのほかに、可愛らしい豆ひな人形やお内裏さまだけの収納飾りなど、住宅事情や各家庭の考え方に合わせていろいろなひな人形が登場していますね。

今回は、「やっぱりひな人形と言ったら段飾りでしょ!」ということで、七段飾りのひな人形の一般的な飾り方といつから飾っていつ片付けるのかについてをお話しします。

 

 

ひな人形はいつから飾るのがいい?

ひな人形を飾りつける時期は、一般に雨水(うすい)の頃がいいとされています。
雨水の頃とは、2月19日ごろを指す二十四節気のことで“雪がとけはじめるころ”という意味です。

ひな人形の飾りつけは立春から2月中旬ごろまでの間に済ませておくのが一般的。

ひな人形をひな祭りの前日に飾るのは、正月飾りと同じく「一夜飾り」と言って縁起が良くないとされているので注意しましょう。

 

七段飾りのひな人形、並べ方は?

 

一段目には主役の内裏びなを飾ります。
向かって左に男びな、右に女びなが主流です。
これは昭和天皇の即位式にならった並び方ですが、京都では大正以前の様式をとっているので左右が逆になります。

二段目には三人官女が並びます。
向かって左から提子(ひさげ)、三方(さんぼう)、長柄銚子(ながえのちょうし)を持った官女が並び、それぞれの間には高杯が置かれます。

三段目には五人囃子(ごにんばやし)が並びます。
向かって左から太鼓、大鼓(おおつづみ)、小鼓(こつづみ)、笛、謡(うたい)の順で並びます。
五人囃子は能の囃子方を模したものとされています。

四段目には随身と呼ばれる大臣が並びます。
向かって左に若い右大臣、右に年配の左大臣が並び、間にひし餅、白酒、あられなどを飾ります。

五段目には仕丁と呼ばれる雑役を負う役目の者が並びます。
向かって左側に右近の橘、右側に左近の桜、その間に、向かって左から台傘(だいがさ)、沓台(くつだい)、立傘(たてがさ)を持った3人が並びます。
ちなみに、関西ではほうき、ちりとり、熊手を持ちます。

そして六段目にはたんす、長持(ながもち)、鏡台、針箱、火鉢、衣装袋、茶道具などの嫁入り道具、七段目には駕籠(かご)、重箱、御所車が並びます。

 

 

ひな人形はいつ片付けるのがいい?

一般的にひな人形を片付けるのは3月3日がすぎたらすぐがいいとされています。
なぜなら、ひな人形はもともと子どもの身代わりでけがれを移して川や海に流すものだったからです。
今でも、“流しびな”といってワラで編んだものや竹の皮で作った舟に千代紙で作った人形などを乗せて川や海に流す風習が残っている地方もありますよね。

それから、ひな人形をいつまでも飾っていると、娘が嫁にいけなくなるとも言われています。

段飾りや流しびなのほかには“つるしびな”もありますが、これは江戸時代にひな飾りを用意できない庶民がひな飾りの代わりに手作りのひな飾りで祝おうという気持ちから誕生したということです。

 

ひな人形は母から娘へ代々受け継いでもいい?

ひな人形は基本的に母と娘が共有するものではありません。
もともとひな人形は子どもの身代わりにけがれを移して川や海に流す風習が由来となっているので、女の子ひとりひとりが持つべきものというのが本来です。
なので、たとえ母のひな人形が家にあっても、女の子の初節句には新しいひな人形を贈るのがならわしです。

京都では女の子は結婚のときに内裏びなを持っていく風習があるので、長女だけではなく次女にも内裏びなを用意してあげたいものですね。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top