しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

ひな祭りの由来は?女の子の節句にはどんな意味がある?

ひな祭りの由来は?女の子の節句にはどんな意味がある?

 

3月3日は女の子の節句、ひな祭り
年明けから早々に子ども売場にはひな飾りが並んでいるのを目にしている方も多いのでは?

お花屋さんでは2月の下旬になると桃の切り花や鉢植えが並びます。
ひな祭りにはひな飾りや桃の花が飾られますが、その由来は知っていますか?

今回は、ひな祭りがどのようにして始まってどんな意味があるのか、ひな祭りの由来と女の子の節句の意味についてお話したいと思います。

 

 

女の子の節句の起源は中国にあった!

今ではひな祭りとして知られるようになった女の子の節句の起源は、中国の「上巳(じょうし)の節句」にあります。
古くから中国では3月初めの巳の日には邪気が来るとされていて、水辺で体を清めて桃の酒を飲むことで邪気をはらう習慣がありました。

また、この上巳の節句には人形(ひとがた)と呼ばれる人形を自分の身代わりとしたり自分のけがれを移したりして、それを川や海に流すという風習がありました。

いつしか上巳の節句は奇数が重なる3月3日と決められ、中国から日本に伝わったと言われています。

 

平安時代に儀式化された日本版「上巳の節句」が「桃の節句」

日本では平安時代、貴族の間で「曲水の宴(ごくすいのえん)」という行事が行われていて、貴族の娘たちの間では「雛遊び(ひいなあそび)」と呼ばれる人形遊びが流行していました。
このようなさまざまな風習に厄除けが組み合わされてだんだん儀式化していったものが日本の「桃の節句」となりました。

桃の節句には“桃の加護によって女児の健やかな成長を祈る”という意味で桃の花を飾ります。
これは、中国の上巳の節句で桃の酒を飲んで邪気をはらったことにちなんだものです。

桃はもともと中国が原産地で、昔から邪気祓いと無病息災、不老長寿の植物とされていました。
中国では、神に力を与えるという意味で桃の木のことを仙木と呼び、桃の果実のことを仙果と呼んでいるほどです。

ちなみに、桃の節句に桃と一緒に飾られることの多い菜の花は、切っても咲きながら伸びるので縁起が良いとされています。

 

 

桃の節句、ひな祭りはどんな行事?

中国から伝わった上巳の節句が平安時代の日本において桃の節句となり、それが今ではひな祭りとして知られるようになりました。

ひな祭りにはひな人形や桃の花を飾り、ひし餅やひなあられ、白酒で女の子の成長を祝います。
ひな人形には七段飾りや流しびな、つるしびななどがあり、ひな人形を飾ることで女の子の健康と幸せを願います。

ひな祭りにはひし餅やひなあられ、白酒のほかにちらし寿司やはまぐりのお吸い物などの料理でお祝いするのが風習になっています。

 

これまでなんとなく行っていたひな祭りのお祝いも、その由来を知ると歴史を感じてしみじみと感慨深くなりますよね。
最近はさまざまな住宅事情や各家庭の考え方によってひな祭りのお祝いの仕方も千差万別になっているようですが、今年はぜひ伝統的な方法でお祝いしてみませんか?

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top