しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

バレンタインデーにチョコレートを贈るのは日本だけ?由来とその理由は?

バレンタインデーにチョコレートを贈るのは日本だけ?由来とその理由は?

 

バレンタインデーと言えば、女性から男性に告白したりチョコレートを贈ったりする日

お正月をすぎてホッと一息ついたのも束の間、街の雰囲気やお店のデコレーションは一気にバレンタインカラーに包まれて、バレンタインデーに向けた商戦があちこちで繰り広げられていますね。

女性は老いも若きもチョコレートを買い求め、愛を告白したい男性にはもちろん、彼氏やご主人、お父さん(お義父さん)、息子にも日頃の感謝と愛を込めてチョコレートやプレゼントを贈ります。

でもこの習慣、実は日本だけだってこと、知っていますか?

 

 

そもそもバレンタインデーの由来とは?

もともと、バレンタインデーの正式名称は、セントバレンタインデー(St.Valentine’s Day)。
日本語に訳すると“聖バレンタイン司祭の日”です。

このバレンタインデーが2月14日のイベントとして定着した由来と理由をたどると、時代はローマ帝国時代にまでさかのぼります。

ローマ帝国の皇帝クラディウス2世は、兵士に愛する人がいると戦いに対しての士気が下がると考えて、兵士が結婚することを禁止しました。
ですが、バレンタイン司祭はそんな兵士たちに同情し、裏でこっそり結婚させていたのです。
そして、そのことが公にバレてしまい、改宗を迫られたバレンタイン司祭はそれを拒否。
ついには捕らえられて処刑されてしまいます。

バレンタイン司祭が処刑されたその日が2月14日だったのです。

この2月14日は本来、「愛・家庭・結婚」の女神であるユノーの祝日として知られていて、ローマ帝国時代にはこの日に愛を伝えるカードを交わす習慣がありました。

牢獄にいたバレンタイン司祭も、処刑される前に獄中から一人の女性に「From Your Valentine(あなたのバレンタインより)」という愛のメッセージを添えてカードを贈ったそうです。

そしてこのことがきっかけとなって、まずは男性から女性に愛を伝える方法としてカードを贈る習慣が国全体に広まり、それがだんだんと男女ともにカードを贈り合う習慣に変わっていったのです。

 

バレンタインデーとチョコレートの関係は?

では、バレンタインデーに「女性から男性にチョコレートを贈って愛を告白する」という日本の習慣は、どのようにして始まったのでしょう?

日本でバレンタインデーにチョコレートを贈るようになった理由は、昭和30年代にチョコレート業界の商業イベントとして大々的に持ち込まれたことに由来します。

1958年(昭和33年)の2月、日本のチョコレート会社として歴史のあるメリーチョコレート会社が新宿伊勢丹で初めてバレンタインセールを行いました。
当時はチョコレート自体の知名度がまだ低く、チョコレート会社は何とかして多くの人にチョコレートを知ってもらおうといろいろ画策を練っていたんですね。
その証拠に、メリーチョコレート会社のほかに森永製菓ソニープラザなどでもチョコレートの販売を促進する活動が頻繁に行われていました。

当時の日本人女性はとても奥ゆかしく自分から男性に愛を告白することはほとんどなかったので、バレンタインデーだけは女性から告白しやすい日にしようという意図もあり日本特有の意味づけをされたと考えられています。
ただ、このチョコレート販売促進活動も思ったように上手くはいかなかったようです。

でも、時が経って1970年代前半ぐらいになると、小学校高学年~高校生の女子の間で「好きな男子にチョコレートを渡して告白する」というイベントがブームになります。
1980年代後半にはそのブームは主婦層にまで広がり、今現在に至るというわけです。

つまり、「バレンタインデーに女性が男性にチョコレートを贈る」という日本特有のイベントは、チョコレート会社によるチョコレート販売促進活動から始まったのですね。

 

 

バレンタインデー、こんなところが日本特有!

欧米では「愛の日」とされているバレンタインデーですが、日本では当初「夫婦の日」ということでチョコレートを添えて日頃の愛の気持ちを伝える日として設定されました。
ですが、その意味合いがだんだんと変化しながら進化して、「女性から男性にチョコレートを贈って愛を告白する」というイベントとして定着しました。

バレンタインデーが定着すると、1980年代には「義理チョコ」「ホワイトデー」も登場し、ますます商業イベントとしての意味合いが強くなってきます。

このことから、“バレンタインデーはチョコレート会社の陰謀”とまで言われることもあるようですが、国民的行事として誰もが楽しめるイベントとして成長したのが、クリスマスにしろハロウィーンにしろ何でも楽しんでしまう日本人らしいところなんじゃないでしょうか。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top