しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

節分に恵方巻きを食べる由来!具材と食べ方のルールは?

節分に恵方巻きを食べる由来!具材と食べ方のルールは?

 

毎年2月3日は言わずと知れた節分ですね。
節分と言えば「鬼は~外!福は~内!」の豆まきですが、ここ最近では「恵方巻き」を食べることも増えてきているようです。

でもこの恵方巻き、どういう由来があるのか、具材や食べ方にどんな決まりがあるのか、正直わからずに食べている人も多いのでは?

今回は、恵方巻きの意味や由来を知って福にあやかる方法をお伝えしようと思います。

 

 

恵方巻きはいつどこから始まった?

恵方巻きが始まったのは、江戸時代末期
大阪の船場で商売繁盛を祈願する風習として始まったというのが通説です。

その後、大正時代に入ってから、大阪の花街でお新香を具にしたのり巻きを恵方に向かって食べることで縁起を担ぐようになりました。

この縁起担ぎの風習は一時は廃れたそうですが、1970年代後半になって道頓堀で行われた海苔問屋共同組合のイベントによって復活しました。

 

縁起担ぎの風習に「恵方巻き」という名前がついたのはいつ?

広島のセブンイレブンフランチャイズのオーナーが、1998年(平成10年)に全国発売した商品名に「恵方巻き」という名前をつけたのが始まりです。
「恵方巻き」という名前が正式につくまでは、「丸かぶり寿司」や「巻き寿司」などと呼ばれていたようですね。

恵方巻きの認知度は、2002年では50%ぐらいだったのが2006年には90%以上になったらしいので、現在ではほぼ100%の認知度ではないかと推察できます。

 

 

恵方巻きは具体的にどんなのり巻き?

恵方巻きは七福神にあやかって7種類の具を巻いた太巻きを指します。

7種類の具は、

  • かんぴょう
  • きゅうり
  • しいたけ煮
  • 伊達巻
  • うなぎ
  • 桜でんぶ
  • 漬物

などが代表的な具として挙げられますが、はっきりと特定の具が決まっているわけではありません。
上記に挙げた具のほかにも、焼き鮭、カニかま、高野豆腐、大葉、三つ葉、ほうれん草・・・etc、ありとあらゆる具が恵方巻きに用いられます。

 

具の数も7種類にこだわる必要はなく、少なくしたり多くしたりと自分なりの恵方巻きを作ってみてもいいのではないかと思います。

 

恵方巻きの食べ方にはどんなルールがある?

恵方巻きは切らずに丸ごと1本用意。
それをその年の恵方の方角に向かって持ち、何もしゃべらず願い事を心の中で唱えながら少しずつ食べます。

このとき恵方巻きを切らないで食べるのには「縁を切らない」ようにするため、という意味があるそう。
また、黙ったまま無言で黙々と食べるのにも意味があって、食べている途中で話したりすると福が逃げてしまうという言い伝えがあるからです。

 

このように、恵方巻きのルーツをたどってみると、節分イベントにも俄然気合いが入らないでしょうか?
わたしも今回はちょっと意識して節分の準備をやってみようと思います。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top