しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

節分の由来と豆まきの正しい作法を知って福を呼ぶ!

節分の由来と豆まきの正しい作法を知って福を呼ぶ!

 

2月3日と言えば、家族行事のひとつとして毎年恒例になっている節分
毎年1月も半ばになると、店頭には節分グッズが並び始めますよね。
福豆”と呼ばれる炒り大豆はもちろん、豆を入れるための枡や鬼のお面、柊の葉やイワシなども節分の準備品として特別に陳列されます。

子どもがいる家庭であれば毎年当たり前のようにやっている節分の豆まきですが、節分の由来と豆まきの正しい作法を知っている方は意外と少ないのでは?

今回は節分のもともとの意味や由来、豆まきと鬼の関係についてお話ししていきたいと思います。

 

 

そもそも“節分”って何??

節分”の本来の意味は、“季節の変わり目”のこと。
四季のある日本には季節の変わり目が1年に4回あり、それぞれ立春・立夏・立秋・立冬の前日のことを指します。
ですが、その中でも春を迎えることが新年を迎えることと同じぐらい重要視されていたので、いつしか立春の前日だけを節分と言うようになりました。

古くから季節の変わり目には邪気が入りやすくなると考えられていて、寒い冬が終わって春を迎える前に邪気を払う意味で豆まきをするようになりました。

 

節分にはどうして鬼を追い払うの?

昔は災害や病気、飢餓などの災いはすべての仕業だと考えられていました。

鬼(おに)”はもともと“陰(おん)”に由来してできた架空の生き物で、十二支の方位で言うと丑寅の方角(北東)にある鬼門からやってくるとされていました。

 

 

鬼門が丑寅の方角にあることから、鬼は牛のような角と虎のような牙をもっているんですね。
このことから考えると、鬼のパンツ(ふんどし)が虎模様であることもうなづけます。

余談になりますが、鬼退治に出かけた桃太郎がキビ団子をあげてお供にした、猿(申)・キジ(酉)・犬(戌)は十二支の方位で見ると鬼がやってくるとされている鬼門のほぼ正反対の位置にあることがわかります。
裏鬼門から十二支順に並ぶこれらの生き物たちを桃太郎がお供にしたのにはこんな理由があったんですね。

話を戻すと、春を迎える季節の変わり目に豆まきをすることで災いの象徴とされている鬼を退散させ、福を呼び込むことが節分の本来の意味になります。

 

 

節分にはどうして豆をまくの?

京都の鞍馬に鬼が現れたとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に向かって投げつけたところ、鬼が一目散に退散したという話から、鬼を退治するのに大豆が用いられるようになりました。

また、大豆は五穀のひとつでもあり穀霊が宿ると考えられ、米のつぎに神事に用いられることの多い穀物でもあります。
大豆は米よりも粒が大きいので、穀霊として邪気を追い払うのに最適であると考えられているんですね。

それから、“魔の目(魔目=まめ)”に豆を投げつけて“魔を滅する(魔滅=まめ)”に通じるとも言われています。

このように節分の豆まきに用いられる豆は大豆ですが、この大豆は炒ったものを使用しなければなりません。
なぜなら、生の大豆をまいて拾い忘れたものから芽が出てしまうと、邪気が再び現れると考えられ縁起が悪いからです。

また“炒る”は“射る”にも通じていて、“魔の目(魔目=まめ)”を“射る”ことで“魔を滅する(魔滅=まめ)”とされています。

“福豆”として市販されている大豆は炒り豆ですが、“豆”知識として覚えておくといいかもしれませんね。

 

節分の豆まきはどうやって行うの?

節分の豆まきのやり方は地方によっても各家庭によっても千差万別。
いろいろなやり方があるようですね。

ここでは、一般的な豆まきのやり方をご紹介します。

 

福豆(炒った大豆)を準備する

炒った大豆を枡に入れて節分の夜まで神棚にお供えしておきます。

 

豆まきは節分の夜に行う

鬼は真夜中にやって来るとされているので、節分の豆まきは夜に行います。
豆まきをする際は必ず家族全員がそろってから行うようにします。

 

一家の主人が豆をまく

本来、豆をまくのは一家の主人である家長であるとされています。
地方によっては年男や年女、厄年の人が豆まきをする場合もあります。

とはいえ、いまや節分の豆まきは家族のイベント的な要素が強いので家族全員でまいてもOKでしょう。
一家の主人であるお父さんが鬼の役をする家庭も多いようですしね。

 

「鬼は~外!」「福は~内!」と言いながら豆をまく

まず、家中に潜む鬼が外に逃げやすいように玄関や窓をすべて開けます。
それから、「鬼は~外!」と言いながら、窓から鬼を追い出すようなイメージで外に向かって豆をまきます。

外に豆をまいたら鬼が再び戻ってこないように窓を閉めます。
窓を閉めた後に「福は~内!」と言いながら部屋の中に豆をまきます。

玄関に遠い一番奥の部屋から順番に豆をまき、最後は玄関から外に向かって豆をまいたら終わりです。

 

歳の数だけ豆を食べる

1年間の厄除けを願って、自分の年齢よりも1つ多く豆を食べます。

 

節分で豆まき以外にすることは?

昔から鬼は尖った柊の葉と臭いイワシが苦手だとされています。
そこで、鬼除けのために柊の枝に焼いたイワシの頭を刺して戸口に飾る“焼嗅(やいかがし)”という風習が生まれました。

それから、節分の日には、七福神の縁起ものとされる7種の具が入った恵方巻きを縁を切らないように丸かじりし、福が逃げないように無言で食べきれば運気が上がると考えられています。

 

以上のように、節分の行事ひとつとっても由来から作法までいろいろと奥が深いですよね。
節分のルーツを知って豆まきを行えば、さらに福を呼び込むことができるかもしれません。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top