しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

子どもの左利きは矯正が必要?利き手を矯正するメリット・デメリットは?

子どもの左利きは矯正が必要?利き手を矯正するメリット・デメリットは?

 

我が家の次男は生まれたときから完全なる左利き
おもちゃやクレヨンをもつ手も左、スプーンやフォークをもつ手も左、歯ブラシをもつ手も左・・・
とにかく、ありとあらゆるものを左手でもち、左手だけを使おうとするんですよね。

左利きである人たちの数は、社会全体の10%あまりを占めると言われていますが、それでもこの社会は右利きの人に便利なように作られています。
そのため、昔から左利きの子どもは右利きに矯正されるなど、左利きであることが間違いであるかのような扱いを受けてきたようです。

確かに、左利きの子どもを右手社会で暮らしやすくするためには、右利きに矯正したほうが良さそうな気がします。
でも、矯正するのはやっぱりかわいそうな気がして・・・

そこで今回は、子どもの左利きは矯正が必要なのかどうかを探っていきたいと思います。
左利きから右利きへと利き手を矯正するメリット・デメリットについてもお伝えします。

 

 

子どもの利き手は決して矯正してはいけない!

結論から言うと、子どもの左利きには矯正の必要はありません。
必要がないどころか、矯正すべきではないというのが現在の定説となっています。

利き手は手だけの問題ではなく、もともとはで決まること。
使いやすい利き手は、言葉を使ったり字を書いたりするときに脳と手の働きをつなぐ架け橋になっています。
なので、この利き手を無理やり矯正してしまおうとすれば、脳と手の連携に何かしらの影響が出てくるはず。
決して良い結果にはつながらないんですね。

 

左利きを矯正するとどんな影響が出る?

左利きの子どもを本人の意思に反して右利きに矯正すると、一体どんな影響が出てくるのでしょう?

左利きの子どもにとって右手で作業をするということは、不便以外の何物でもありません。
力が弱くて協調作業がしにくいほうの手を使っているため、どうしても不自然でぎこちなく非効率な動きになってしまいます。

わたしも利き手の右手を骨折して、やむを得ず左手を使うしかなくなってしまった経験があるのですが、やっぱりうまく使うことができないため、何をするにも毎日イライラしていましたし、とっても疲れました。

子どもに利き手以外の手を強制的に使うように無理強いすることは、残酷な作業を強いることになるだけでなく、子どもをとても不利な状況に陥れることになってしまいます。

利き手の左手であれば工夫次第で無理なく作業を行うことができますが、利き手ではない右手を使わなければならないとなると、利き手を使うとき以上に訓練と集中力が必要となるため、作業が全く楽しめず、やりがいも感じられず、自分はなんて不器用なんだろうと思い込んでしまうことになります。

左利きを矯正しなければならないという考え方は、単なる迷信であり、無知や偏見から生まれた考え方に過ぎません。
今現在では、利き手の矯正は子どもにとって大きなストレスを生む残酷なものであるという認識がほとんどを占めているようです。

 

 

利き手を矯正するメリット・デメリット

左利きを右利きに矯正することは、子どもにとって害しかもたらしません。
つまり、デメリットしかないということです。
ですが、あえて利き手を矯正するメリットを挙げるとすれば、右利き用にデザインされた道具を使うときに見た目の違和感がなくなるということぐらいでしょうか。

そもそも、子どもの利き手を変えても、右脳と左脳の働き方を変えることはできません。
そのため、本来、脳が請け負うことになっていない領域の働きを無理やりさせることになってしまうんですね。

心理療法士で児童心理学者でもあるヨハンナ・バルバラ・ザトラー博士によると、左利きから右利きに矯正された子どもは、発達上重大な障害を引き起こす可能性があるとのこと。

文字を書くという複雑な動きには、

  • 微細運動技能
  • 言語技能
  • 創造力を絵画的に表現する技能
  • 記号で表現する技能
  • 記憶や学んだことを思い出す技能

など、さまざまな大脳の技能がかかわってきます。

これらの働きを不得意な脳の領域で強制的に行わせることで、次のような障害が引き起こされることが指摘されています。

  • 記憶障害(学んだことを思い出せなくなる)
  • 集中力の欠如(疲れやすくなる)
  • 読み書き障害(読んだり書いたりすることに障害が出るようになる)
  • 空間識失調(左右が分からなくなる)
  • 吃音障害(どもりや吃音が出るようになる)

 

左利きの矯正は子どもの心にもダメージを与える・・・

左利きの子どもに右手で鉛筆が持てるように訓練をしたとしても、ほかのことで右手が上手く使えるようになるわけではありません。
右脳と左脳を入れ替えることが無理なように、すべての作業において利き手を変えることはできないんですね。

左利きというのはその人の特徴であって、好みや習慣のように訓練によって抑えたりやめさせたりできるものではないということです。

左利きを矯正することは子どもの心に次のようなダメージを与えることになります。

  • 劣等感
  • 不安感
  • 内向性
  • 過補償(過剰な行動で欠陥を埋め合わせようとすること)
  • つむじまがり(正反対、あるいは挑発的な態度を取ること)
  • 夜尿症や爪かみなどの癖
  • 神経症や心身症
  • 人格障害

たとえ子どもが左利きであっても、思いやりと励ましの心をもって見守ってあげれば右手社会でもたくさんのハードルを乗り越えていけるようになるはずです。
順応性と自信をつけさせてあげることで、さまざまなことに挑戦していけるようになるんですね。

 

次男の左利きは個性
周りの人たちは好き勝手にいろいろなことを言ってきますが、わたしは息子の好きなようにさせていきたいと思います。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top