しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

インフルエンザの予防接種は効果がない!?それどころか重篤な副作用の危険性も

インフルエンザの予防接種は効果がない!?それどころか重篤な副作用の危険性も

 

インフルエンザが流行し始める時期の数か月前になると、マスコミはこぞってインフルエンザへの不安をあおり、恐怖を植えつけるような記事や広告、ニュース原稿を作ります。

毎年、“恐怖のインフルエンザ”とか“重症化を防ぐための予防接種”などと大きく宣伝され、多くの人が何の疑いもなくインフルエンザの予防接種を受けていますが、果たしてインフルエンザのワクチンは効果があるのでしょうか?
せっかく予防接種を受けても効果がなかったら意味がないですからね。

今回は、インフルエンザの予防接種は本当に効果があるのか、わたしの体験談も踏まえてお話ししたいと思います。

 

 

予防接種を受けてもインフルエンザを防ぐことはできない!

わたし自身はこれまで一度もインフルエンザの予防接種を受けたことがありません。
とくに必要だと思ったこともなかったですし、これからも受けるつもりはないです。
子どもが生まれて、幼稚園で集団生活を送るようになってから初めて、子どもにインフルエンザの予防接種を受けさせることを考え始めました。

そうして子どもにワクチンを初めて受けさせたのは、長男が幼稚園年中組のとき。
そのときはただ単に、「周りが受けさせているから自分の子どもにも受けさせなくては・・・」という軽い感覚だけでインフルエンザの予防接種を受けることに決めました。

まだインフルエンザの予防接種に対して、何の知識も疑いもなかった頃ですね。
幼稚園の他のお母さんたちも、インフルエンザの予防接種は当然受けさせるものとして話が盛り上がっていましたし、ワクチンについて何の恐怖も疑問も感じていないようでした。

そんな中、行きつけの美容院でオーナーさんとおしゃべりをしていたとき、たまたまインフルエンザについての話になりました。

オーナーさんには、もうすでに高校を卒業した娘さんと小学校の娘さんがいます。
わたしにとっては何でも気軽に相談できる先輩ママさんです。
そのオーナーさんに、わたしがインフルエンザの予防接種を長男に受けさせたことを話すと、意外にもこんな答えが返ってきたんです。

「うちは予防接種の類は一切受けないのよ~」と。

インフルエンザの予防接種は受けるのが当然のマナーぐらいに思っていたわたしは、オーナーさんのハッキリした物言いにビックリ。
どうしてワクチンを接種しないのか聞いてみると、予防接種を受けてもインフルエンザにはなるし、重症化を防ぐと言ってもその効果には信ぴょう性がないからということでした。

そして何よりも衝撃だったのが、インフルエンザワクチンによる重篤な副作用についてです。
インフルエンザの予防接種を受けて重篤な副作用が出た人は少なからずいて、国や製薬会社の思惑によってその多くが隠ぺいされていることも多いと・・・

実際、美容院でインフルエンザの予防接種についての参考資料もたくさん見せてもらいました。
オーナーさんは見識が深い人で、職業柄たくさんのコミュニティーに所属しています。
予防接種についての知識も医療関係者や製薬メーカーの関係者から直接耳にしたものがほとんどだそう。

これらの問題点を何も知らず、ただ流されるまま長男に予防接種を受けさせてしまったことを考えると、今さらながらにゾッとする思いがしました。
親として知らないじゃ済まされないことですよね・・・

 

インフルエンザの予防接種は本当に効果がなかった・・・

さて、インフルエンザの予防接種を済ませてから、ワクチンの危険性についていろいろ知ったわけですが、幸い副作用は見られず、そのまま何事もなく長男は幼稚園に通っていました。

ですが、ある日突然39℃近くの高熱を出して夜間診療で検査を受けたところ、なんとインフルエンザにかかっていたんです。
「予防接種を受けてもインフルエンザにはなる・・・」
美容院でオーナーさんから聞いた話が頭をよぎりました。

これまで、自分も含めて子どももインフルエンザにかかったことがなかったので、恐ろしくとんでもない重病にかかってしまったかのような気分になってしまってちょっとしたパニックになりかけてしまいました。

それから長男は規定通りの日数、学校を休んだわけですが、インフルエンザの予防接種を受けたから重症化を防げたという比較対象も実感もなく、「ワクチン接種は一体何だったのだろう・・・」という思いがずっとついて回っていましたね。

 

 

インフルエンザワクチンの効果を証明した厳格な研究はない!

わたしがワクチン接種の効果に疑問を抱いている一方で、インフルエンザの予防接種はとても効果があるように宣伝されているのも事実です。

ですが実際問題、ワクチンの効果はまるっきり証明されていないんですよね。
それどころか、重篤な副作用の危険性をはらんでいるというのが本当のところになります。

ワクチン接種の臨床試験では、インフルエンザを防ぐ抗体が1回でできるのか2回でできるのかという議論はされていますが、ワクチン自体が本当にインフルエンザに効果があるのかどうかについては議論すらされていません。

以前、日本では全国の小中学生全員に無料でインフルエンザワクチンの集団接種を行っていました。
ですが、それにもかかわらず毎年インフルエンザによる学級閉鎖や学校閉鎖が続いていたので、予防接種は少しも効果がないのではないかという疑問が強まっていきました。

その後、群馬県でワクチンを接種した学校と接種しなかった学校とでその効果が比較検証されましたが、ワクチンを接種した学校のインフルエンザ発症や病欠が少なくなるという効果は5年間続けても現れなかったそうです。

この比較検証結果を受けて、国は1987年以降、小中学生への集団接種の義務化を中止しました。

これで困ったのは製薬会社です。
ワクチンの販路を失った製薬会社は、今度は高齢者をターゲットにインフルエンザの予防接種を推奨し始めます。

インフルエンザワクチンが小中学生に効果がなかったのに、高齢者には効果があるというのもおかしな話なので、製薬会社は何とかして「効果あり」というデータを打ち出したくて一生懸命でした。

そしてその根拠となった研究結果が“日本で最も信頼性の高い研究”ということになっている、厚生科学研究費補助金「インフルエンザワクチンの効果に関する研究1998-1999年」です。
この研究結果には、インフルエンザの予防接種を受けることで死亡率を8割下げることができると示されています。

ところが、その研究内容は詐欺とも言えるほどずさんでインチキなものでした。
病気がちな人たちにはワクチンを接種せず、健康な人たちにだけワクチンを接種して比較したのです。
ワクチンを接種した人たちの死亡率は、インフルエンザが流行していない時期よりも流行しているときのほうがむしろ高いという研究結果が出ています。
これはワクチンが何の効果もないことを示していますよね。

この研究結果ももとにして死亡率が8割下がったというのは詐欺以外の何物でもないとは思いませんか?

 

日本だけでなく、世界のどこにも効果を証明した研究はない!

これまで見てきたように、日本では、インフルエンザワクチンの効果を証明した厳格な研究はありません。

厚生労働省は「みんなに効果があるわけではないが、症状を軽くすることができる」という見解を示しているようですね。
ですが、実際問題、重症化を防いだとか症状が軽くて済んだというような研究結果はありませんし、そもそもインフルエンザにかからなかった場合とかかった場合とで症状の重い軽いを比較することは不可能ですよね。
同じ人に同じ条件で効果を実証することはまず無理だからです。

インフルエンザワクチンの効果を証明した研究がないのは日本だけではありません。
WHOからもその権威が認められている、世界規模の研究グループ「コクラン共同計画」での調査においても、インフルエンザワクチンの効果は科学的に証明されていないのが実情です。

 

効果もない予防接種で重篤な副作用を招くリスクを受け入れるなんて・・・

わたしの長男がインフルエンザの予防接種を受けたにもかかわらずインフルエンザを発症してしまったことから考えても、インフルエンザワクチンの効果は100%ではないことが分かりますよね。

インフルエンザに限らず、ワクチンの多くは絶対に病気を予防できるものではありません。
それどころか、副作用のリスクがあるものばかりなんですよね。

正直、インフルエンザの場合は、予防接種を受けることが義務化されている他の予防接種より病状が重いとは思えません。
せいぜい風邪よりもちょっと厄介な病気ぐらいにか感じないんですよね。

なので、大して効果がない予防接種で重篤な副作用を招いてしまうことになるよりも、インフルエンザに自然感染したほうが免疫もついていいのではないかとすら思うようになりました。

やらなくてもいい余計なことで子どもの体を不自由にはしたくはありませんからね。
インフルエンザの予防接種について、あなたもいま一度真剣に考えてみてほしいと思います。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top