しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

七草粥を食べる意味と由来は?食べるのはいつ?レシピも掲載!

七草粥を食べる意味と由来は?食べるのはいつ?レシピも掲載!

 

新年の始めに一年の健康を祈るために食べる“七草粥”。

七草粥には

  • せり
  • なずな
  • ごぎょう
  • はこべら
  • ほとけのざ
  • すずな
  • すずしろ

という七種類の若菜を入れますが、これらは“春の七草”と呼ばれていますよね。

七草粥を食べるとその年一年、病気をしないと言われていますが、それはどうしてなのでしょう?

今回は、七草粥を食べる意味と由来について、調べてみたことをまとめてみたいと思います。
食べるのはいつなのか、そして、七草粥のレシピについてもお伝えしますね。

 

 

七草粥を食べる慣習はどうやって生まれた?起源と由来は?

野原に自生する若菜には昔から霊力があると信じられてきました。
若菜を食べることで生命力が活性化し、長寿に効能があると言われていたんですね。

その後、奈良時代に宮中や神社で行われていた“子の日”の行事や“若菜の節句”が、鎌倉時代に入ってから七草粥の慣習へとつながっていったといいます。
江戸時代になると、武家も庶民も健康のために七草粥を食べる慣習が定着したそうです。

七草粥を食べる慣習は江戸時代に広く定着しましたが、もともとは中国が起源だったとのこと。
中国では官吏昇進の儀式が毎年1月7日に行われていますが、その朝に薬草である若草を食べて立身出世を願ったのが七草粥の始まりだと言われています。
この行事が日本に伝わると、正月の松の内が明ける1月7日の朝に七草粥を食べるようになりました。

 

七草粥が健康に良い理由は?食べる意味はある?

「七草粥を食べると健康に良い」というのは常識として知っていますが、なぜ健康に良いと言われているのか、その理由が漠然としていたので調べてみることに。

七草粥に使われる野草には、それぞれ

  • 利尿効果
  • 便秘予防
  • 高血圧予防

などさまざまな効果があると言われています。

また、青菜の不足する冬場にビタミン類などの栄養補給にも役立ちます。

おかゆは消化にもいいので、正月のごちそう続きの後に疲れた胃腸を休める食事としても最適。
七草粥が定着した背景には、長寿に効能があるという信仰的な理由のほかに、実利的な効用を期待する意味もあったんですね。

 

 

七草粥の作り方と基本のレシピ

七草粥のレシピと言っても、作り方は全く難しくありません。
簡単に言ってしまえば、“刻んだ青菜を混ぜ込んだおかゆ”というだけのことなので、そもそもレシピも何もないのですが、青菜となる七草の刻み方にいわれがあるんです。

七草粥を作る準備として七草を刻む必要がありますが、昔から伝わっている作り方としては、七草を前日(1月6日)の夜に清潔なまな板の上で包丁やすりこぎで28回たたき、7日の朝にさらに21回たたくという方法。

七草をたたくときには

七草なずな 唐土の鳥の 日本の土地にわたらぬ先に ストトントン

などと言葉を唱えながらたたくそうです。

ちなみに唐土の鳥というのは、中国で人家に災いをもたらすと言われる“鬼車鳥(きしゃちょう)”であるとか、この世ではない異界からきた妖鳥であるとか言われています。
これは、日本でも小正月の行事として根付いている“鳥追い”にも似ているもので、豊作と平穏を願う意味が込められているんだとか。

このような言葉を唱えたり、まな板をたたいて音を立てることで疫病や流行り病に対して効力があると信じられてきたんですね。

 

七草粥の基本のレシピ

七草粥は、米1に対して水7の割合の水加減で七分粥を炊き、細かく刻んだ七草と塩少々を加えて作ります。

以下に七草粥の基本のレシピを挙げておきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

材料(4人分)

  • 米・・・1カップ
  • 水・・・7カップ
  • 塩・・・小さじ1/4
  • 七草(せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ)・・・30g

①米は手早くといで分量の水で30分以上吸水させます。
(米:水=1:7になるようにします。)

②火にかけて沸騰したら、ごく弱火にしてふたをずらして30~40分ほどゆっくり炊き、米の中心部まで軟らかくします。
(吹きこぼれないように火加減に注意します。)

③火を止めて5~10分ほど蒸らします。

④炊きあがったおかゆに刻んだ七草と塩少々を入れて、やさしく混ぜたら出来上がりです。

 

七草がすべてそろわなくても、手に入るものだけで作ってみてもOK。

 

山形県では七草粥に代わって

  • せり
  • いもがら
  • こんにゃく
  • 豆腐
  • 油揚げ
  • にんじん
  • ごぼう

の7品を入れた味噌汁に、すりつぶした納豆を入れた納豆汁を食べたりします。
七草のひとつである“せり”が入っているのが特徴ですね。
体がしゃきっとするような苦みがいかにも体に良さそうな感じでおすすめですよ。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top