しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

縁起の良い初夢はどんな夢?一富士二鷹三茄子とは?

縁起の良い初夢はどんな夢?一富士二鷹三茄子とは?

 

新年を迎えた1月2日の夜、縁起の良い初夢を見ると良い一年を送ることができる・・・

初夢で吉凶を占う風習は今も変わらず残っていますよね。
それがたとえ迷信だったとしても、初夢の内容はなかなか興味深いものがあります。

初夢に見ると縁起が良いと言われているものとして“一富士二鷹三茄子”というものがありますが、これは一体何なのでしょう?

 

今回は、

  • 縁起の良い初夢とはどんな夢なのか?
  • 一富士二鷹三茄子”とは何なのか?

についてお話ししたいと思います。

 

 

縁起の良い初夢は“一富士二鷹三茄子”

初夢の信仰は、もとはと言えば中国から伝わってきたもの。
中国の故事に、「夢を食う」といわれるの絵を枕の下に入れて良い夢を見ようとした話がありますが、この故事にあやかって日本でも室町時代に縁起の良い夢を見ようという初夢の信仰が根付きました。

江戸時代に入ると、縁起の良い初夢として一から順に

  1. 富士
  2. 茄子
  3. 綿
  4. 煙草

 

などと言われるようになったそうですが、これらのものはすべて駿河(現在の静岡県)の名物にあたるものです。
これは当時、江戸の天下を取った徳川家康が駿河出身だったことに由来しているんだそう。

天下人である徳川家康にあやかりたいという庶民の願望が反映されて、“一富士二鷹三茄子”のような夢を見たいと思うようになったんですね。

 

 

縁起の良い初夢を見るためのジンクスは?

初夢に縁起の良い夢を見るために、昔からジンクスのように言い伝えられてきたことがあります。
それは、七福神の乗った宝船の絵に次のような回文を書いたものを枕の下に入れて眠ること。

ながきよの とをのねぶりの みなめざめ なみのりぶねの おとのよきかな

 

ちなみに回文というのは、上から読んでも下から読んでも同じ音になる文言のことですね。

このジンクスで本当に縁起の良い初夢が見られるかどうかはまだ試したことがないので分かりませんが、簡単な方法なのでやってみる価値はあるかもしれませんね。
江戸時代には新年になると宝船の絵が飛ぶように売れたそうですよ。

 

縁起の悪い初夢を見てしまったらどうする?

もし初夢で縁起の悪い夢を見てしまった場合は、翌朝、宝船の絵を川に流すと“縁起直し”になると言われています。
でもこれはゴミのポイ捨てになってしまうので、さすがにできませんよね。
川に流すまではいかなくても、水道の水をジャーッと流しかけて川流しのマネごとをしてみてもいいかもしれませんね。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top