しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

初夢はいつ見る夢のこと?大晦日の夜?元日の夜?それとも・・・?

初夢はいつ見る夢のこと?大晦日の夜?元日の夜?それとも・・・?

 

昔から、初夢にはその年の運勢が表れるということで、誰もができるだけ良い夢を見たいと願ってきました。
年の初めに縁起の良い夢を見ると、幸先良いスタートが切れそうですからね。

ですが、この初夢というのは一体いつ見る夢のことなのでしょう?

  • 大晦日の夜から元日にかけて見る夢?
  • それとも元日から2日にかけて見る夢?

そして、

  • 初夢に見ると縁起が良いと言われている夢はどんな夢なのか?

今回は、初夢についての疑問を解決したいと思います。

 

 

初夢の風習はいつから?初夢の定義と由来は?

そもそも初夢というのはどんな夢を指すのでしょうか?
初夢はいつ見る夢のことを指すのかについては、さまざまな説がありますが、その前に初夢の風習はいつ始まったのか、定義と由来についてお話ししますね。

初夢は新年に初めて見る夢のことで、それがどんな内容の夢かによって一年の吉凶を占うことができると信じられてきました。

初夢が文献に初めて登場したのは、平安末期の『山家集』と言われていて、それによると初夢は暦上の新年とは関係なく、節分から立春の夜に見る夢のことだとされています。
これは、立春が新年の始まりだとされていたためです。

ですが、近世に入ってからは初夢の定義について3つの説が広まっていくようになりました。

 

 

いつ見る夢が初夢?初夢の定義には3つの説がある

近世に入ると、初夢はいつ見る夢のことかについて、以下に挙げる3つの説が広まっていくようになります。

  • 大晦日から元日にかけて見る夢
  • 元日から2日にかけて見る夢
  • 2日から3日にかけて見る夢

近世の後期になると、“2日から3日にかけて見る夢”が主流の説になりました。
一方で、明治時代に改暦されてからは“元日から2日にかけて見る夢”を初夢とする人も多くなったようです。

では結局、今現在ではいつ見る夢が初夢となっているのでしょう?
ここは白黒はっきりさせておきたいですよね。

初夢は現在では“2日から3日にかけて見る夢”とされています。
これはどうしてかと言うと、書き初めや稽古始め、仕事始めなど、年始めの行事の多くが2日だったからなんですね。
一年のスタートとして2日の夜に見る夢が重視されたということです。

 

個人的には新年のスタートは元日だと思っているので、“大晦日から元日にかけて見る夢”を初夢としたほうが分かりやすくていいと思うんですけどね。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top