しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

神社やお寺へのお礼参りはどうする?何か奉納すべき?

神社やお寺へのお礼参りはどうする?何か奉納すべき?

 

初詣などで神社やお寺にお参りに行ったとき、つい欲張っていくつも願い事をしてしまう・・・
わたしをはじめ、そんな方はとても多いと思います。
ですが、願い事が叶った後、お礼をするためにあらためて神社やお寺に出向く方は少ないのでは?

今回は、願い事が叶ったら

  • 神社やお寺にお礼参りに行ったほうがいいのか?
  • 何か奉納したほうがいいのか?

この2点についてお話ししますね。

 

 

普通に考えたらお礼は当然の礼儀

たとえば、誰かに何かをしてもらったら「ありがとう」とお礼を言ったり、プレゼントをもらったらそのお返しをしたりしますよね。
それはごく当たり前のことで、何も難しいことではありません。

これと同じように、神様や仏様にお願い事を叶えてもらったら、あらためてお参りをしてお礼の気持ちを捧げるのが当然の礼儀。
そして、お礼をするために神社やお寺にお参りすることを“お礼参り”といいます。

 

お礼参りでは何をする?お礼参りの手順は?

お礼参りで行うことと言ったら、普通のお参りとそう変わりはありません。
お賽銭をあげて、神様や仏様に対して感謝の気持ちを込めてお参りをするということのほか、今まで使っていたお札やお守りを返納したり、お礼のことばを書いた絵馬などを奉納したりも。

わたしも、安産祈願で購入したお守りを神社に返納したことがあります。
無事、安産で出産ができた報告の意味も込め、封書にお礼のことばを書いた手紙とお守りを入れて神社に送りました。
後日、神社から受け取った旨、お知らせが届きました。

神様や仏様にきちんと報告をすることで気持ちがスッキリしますよ。

 

絵馬以外に奉納するものは何?

絵馬以外のもので神社に奉納するものの例として一番メジャーなのは、“お酒”です。
お酒を神社に奉納する場合、包装紙でつつんでのし紙に「奉納」という文字と「自分の名前」を書いて付けるのが正しい作法になります。

そのほか、大きいものだと鳥居や狛犬を奉納することもあるそうです。
鳥居がズラ~ッと並んでいる神社を見かけることがありますが、それはこれまでたくさんの人から奉納を受けたことを表しているんですね。

お礼参りには必ずしも何か奉納をしなければならないわけではありませんが、お礼の気持ちを込めてお参りをするぐらいは人として当然やっておきたいことですよね。
あらためてお礼参りをすることは簡単なことなので、しっかりと報告ができればいいですね。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top