しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

初詣はいつまで参拝すべき?初詣に行く期間に決まりはある?

初詣はいつまで参拝すべき?初詣に行く期間に決まりはある?

 

年が明けて初めて神社やお寺を参拝する初詣
早い人だと、大晦日のうちから出かけて、神社やお寺で年が明けるのを待つこともあるとか。

元日から3日までの三が日はとにかく初詣参拝客で混雑するので、何となく延び延びになって初詣に行くのが遅くなってしまいがちなのですが、本来、初詣はいつまで参拝すべきものなのでしょうか?
わたしは、「1月中に参拝できればいいかな~」ぐらいに思っているのですが、初詣に行く期間に決まりはあったりするのでしょうか?

今回は、

  • 初詣はいつまで参拝すべきなのか?
  • 初詣に行く期間に決まりはあるのか?

この2点について調べてみたいと思います。

 

 

初詣は“元日の朝”に参拝するのが一般的だった!?

年の初めに鎮守や氏神などがまつられている神社やお寺を参拝すると、“めでたさ”が増すということで始まった初詣。
もともとは元日の朝に自分が住んでいる地域の神社やお寺にお参りに行くのが一般的でした。

地域によっては夜が明けきらない暗いうちからお参りをするところもあったそう。
大晦日の夜からお参りに出かけ、除夜の鐘を聞いてからもう一度お参りして帰ってくるという“二年参り”が行われるところも多かったようです。

大晦日の夜に参拝に出かけたり、元日の朝に参拝に出かけたりできたのも、お参りをする神社やお寺が近場だったため。
自分の住んでいる地域の神社や自分の先祖が眠っているお寺に参拝するのが本来の初詣だったからですね。

ですが、有名な神社仏閣へ初詣に行くことがブームになってからは、とくに参拝する日を気にせず初詣に出かけるようになってきたようです。

 

 

初詣はいつまで?三が日まで?それとも松の内まで?

初詣には本来のように元日の朝に行くべきでしょうか?
それとも三が日までに行ったほうがいいのか、松の内まで参拝すればいいのか、いろいろな選択肢があって迷ってしまいますよね。

ですが、初詣のもともとの意味は、初めて神社やお寺にお参りすること。
いつまで参拝したらいいのか初詣の期間を気にするよりも、自分がお参りしたいと心から思ったときに参拝に行くほうがご利益があるのでは?

 

初詣はできれば松の内まで、遅くても1月中まで

それでも初詣に行く期間が気になるという場合は、一般的に正月の終わりとされている“松の内まで”を基準にするといいでしょう。

松の内というのは1月7日までの期間のことで、門松やしめ飾りを片付ける日にあたります。
地域によっては1月15日までというところもありますが、松の内が正月のけじめになるんですね。
なので、できれば松の内までに初詣に行くのがベストかもしれません。

ですが、初詣の期間には明確に示された決まりというものはありません。
一月中であれば正月気分もまだ抜けないところなので、「ちょっと遅くなったかな?」と思っても大丈夫。
初詣をすることに意義があるので、ぜひ初詣に出かけてみましょう。
もしかしたら思いがけずお願い事が叶うかもしれませんよ。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top