しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

初詣のお賽銭、金額の相場はいくら?金額が多いとご利益がある?

初詣のお賽銭、金額の相場はいくら?金額が多いとご利益がある?

 

初詣のときに当たり前のように賽銭箱に投げ入れるお賽銭
よく、「ご縁がありますように」という願いを込めて、“ご縁=五円”という語呂合わせで五円玉と十円玉、百円玉を組み合わせてお賽銭箱に入れたりしますよね。
ですが、このお賽銭の金額、ほかの人はいったいいくらぐらい投げ入れているのか気になったりしませんか?

今回は、初詣のお賽銭の金額はいくらがいいのか、金額が多いとご利益があるのかについてお話しします。

 

 

お賽銭はそもそも何のため?

もともとお賽銭は、神様や仏様に対して、願いがかなったときの感謝の気持ちを込めたお礼。

昔からわたしたち日本人は、田んぼや畑の作物が豊かに実ったり、漁で魚がたくさんとれたりすることは、神様や仏様のおかげであると考えてきました。
お金がなかった時代には、神様や仏様への感謝の気持ちをあらわすため、お米やお酒、野菜などをお供えしていたんですよね。

もちろん、これらのお供え物は今でもお賽銭と同じようにお供えされています。

 

 

お賽銭の金額に決まりはない!

お賽銭はお供え物の代わりとして、また、神様や仏様をうやまっている気持ちを込めたものなので、いくらがいいかなど、その金額に決まりはありません。

お賽銭の金額はお参りする人が自由に設定するべきもので、人それぞれ違って当然のもの。
金額が多いからと言って御利益があるわけではなく、金額が少ないからと言ってご利益がないわけでもありません。
なので、お賽銭の金額の相場がいくらか気にすること自体ナンセンスなんですよね。

初詣に出かけて参拝するために長蛇の列に並び、いざ自分がお参りする番が近づいてくるとお賽銭の金額で迷ってしまう・・・
そんな人は結構多いようです。

こんなときは、そのときの自分の気持ちとお財布の中身を目安にして自分で決めるしかありません。
お願い事が叶ったら、改めてもう一度参拝してお賽銭を追加することもできるわけなので、初詣のときはそれほど深く考えずに気持ちだけお賽銭を投げ入れていいでしょう。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top