しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

鏡開きはいつ?鏡餅の正しい切り方とおすすめの食べ方は?

鏡開きはいつ?鏡餅の正しい切り方とおすすめの食べ方は?

 

1月11日は鏡開き
鏡開きとは、歳神様にお供えした鏡餅をおろして、その餅をいただくことで歳神様の霊をいただく習わしです。

鏡開きの時期になったら鏡餅を割って、お汁粉や雑煮にして食べるのが一般的ですが、このとき、鏡餅はどのようにして割っていますか?
もしかして包丁などの刃物でぶつ切りになんてしていませんよね?

鏡餅には歳神様の霊が宿ると言われているので、包丁などの刃物を使って鏡餅を切るのはタブーなんです。

今回は、鏡開きの正しい行い方鏡餅の食べ方についてお伝えします。

 

 

鏡餅はどのようにして割る?鏡餅の正しい切り方は?

鏡餅を食べるときは固くなった餅を切らなければなりません。
小さい鏡餅であれば、そのまま煮るなり焼くなりして食べることができますが、大きい鏡餅の場合は細かく切り分けないと調理すらできないんですよね。

鏡餅を割るときは基本的に木槌で叩き割るようにして割るのが習わしだそう。
ですが、現代の一般家庭に木槌なんて普通はありませんよね。
我が家ではたまたまアウトドア用のゴムハンマーがあったので、それを木槌の代わりに使うことにしています。

割った鏡餅が飛び散らないように布巾で巻いてから、まな板ごと床に置いて何度か叩くと、固くひび割れた餅なので案外あっさりと割れます。
包丁で切るのはタブーとは分かっていても、ついうっかり包丁で切ろうとしてしまうこともあるかと思います。
そういう場合でも、包丁で切るより木槌などで叩き割ったほうが圧倒的に簡単です。

固くなった鏡餅を包丁で切るのは、縁起が悪いというだけではなく、刃こぼれなどの可能性があるので危険だということ。
安全のためにも鏡餅は叩き割ったほうが良さそうですね。

 

 

鏡餅はどのようにして食べる?おすすめの食べ方は?

鏡餅は叩き割ると形がふぞろいになることはもちろんですが、固くなってひび割れた部分が粉々に砕けてしまうことを考えると
おすすめの食べ方はやっぱりお汁粉や雑煮でしょうね。
温かい汁の中でとろりと溶ける餅は絶品です。

そのほかにも、小さく切って乾燥させてから焼いたり、揚げたり、炒ったりして、せんべいやかきもち、あられを作るのもおすすめ。

鏡餅の食べ方にはとくに決まりはないので、いろいろアレンジして歳神様の霊をありがたくいただきたいものですね。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top