しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

鏡餅の意味や由来は?丸餅を2つ重ねる飾り方の理由は?

鏡餅の意味や由来は?丸餅を2つ重ねる飾り方の理由は?

 

正月飾りとして神棚や床の間に飾り付ける鏡餅

米農家である我が家では、正月に限らず何でもないときにでも餅をついて食べることが多いのですが、年末になると正月飾りとして飾るための餅と食べるための餅を半日かけて作ります。
正月のために餅を準備することは我が家では当然の習慣となっていますが、そもそも正月に鏡餅を準備するのはどうしてなんでしょう?

今回は、正月に鏡餅を準備する意味や由来、鏡餅の飾り方の理由についてお話しします。

 

 

正月に餅を食べるようになった由来は?

正月の食べ物と言えば、迷わず筆頭に挙げられるのが“”ですよね。
餅が手作りのものであろうが既製品のものであろうが、正月飾りの準備として鏡餅を飾るのは昔も今も変わらない習わしです。

正月に餅を食べるようになった習わしは、中国で元旦に固い飴を食べる習慣があったことにあやかって、宮中で“歯固め”の儀式として餅を食べたことに由来します。

もともと餅というものは、ハレの日に神様に捧げる神聖な食べ物として考えられてきました。
鏡餅が生まれたのは室町時代以降で、正月に歳神様に供える目的で準備されたものが現在のような鏡餅の習慣として定着したようです。

 

鏡餅と呼ばれるようになった理由は?

正月に飾るようになった餅がどうして“鏡餅”と呼ばれるようになったのかと言うと、昔の鏡が丸い形で、人の魂を模したことに由来します。

鏡餅は大小2つの丸餅を重ね合わせて飾りますが、これはを表しているとのこと。
また、福徳が重なって縁起がいいと考えられたからとも言われています。

 

 

鏡餅はどこにどう飾る?飾る場所と飾り方は?

鏡餅は歳神様へのお供え物としての意味があるので、一般的には神棚床の間に飾ります。
ですが、最近の住宅事情を考えると、神棚や床の間がない家も多いですよね。
そういう場合は、なるべく高いところへ鏡餅を置くようにするといいそうですよ。

鏡餅は大きい餅を下に、小さい餅を上に重ね、半紙を敷いた三宝と呼ばれる、食物を供える四角の台に載せます。
このとき、縁起物としてユズリハやウラジロを半紙の上に置いたり、餅の上にダイダイや昆布を添えるようにします。

ちなみにこれらの縁起物には次のような意味があります。

  • ユズリハ⇒新しい葉が出てきて初めて古い葉が落ちることから、次世代に家系を譲って絶やさぬという願いが込められている
  • ウラジロ⇒常緑の葉であることから、長寿を願う気持ちが込められている
  • ダイダイ⇒家が代々栄えることを願う気持ちが込められている
  • 昆布⇒子孫繁栄の願いが込められている

 

毎年、慣習となっている鏡餅の準備ですが、その意味や由来、飾り方に込められた願いを知ると奥が深いものですね。
今年はひとつひとつの意味を考えながら、正月の鏡餅を準備してみようと思います。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top