しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

門松の意味や由来、正式な飾り方は?左右で松の種類が違うって本当!?

門松の意味や由来、正式な飾り方は?左右で松の種類が違うって本当!?

 

正月飾りの代表的なものはと言えば、やっぱり“門松”。
家の玄関や門に門松を飾ることで、歳神様が訪れる目印になると言われています。

地域によって門松の飾り方はさまざまで、そもそも門松自体を飾る風習がないところもあるようですね。
我が家でも一戸建てに住むようになってから門松を飾ることを考えるようになりましたが、わたしの実家のほうでは玄関に大きなしめ縄を飾るのが主流だったので、門松の正式な飾り方というのがいまいち分かりません。

国民的アニメ『サザエさん』なんかを観ていると、門松は門のところに左右対称に飾ってありますよね。
そのイメージで、門松は家の入口の左右に2つ飾るものだということだけは知っています。
でも、それ以外に門松について何も知らないので、この機会に門松の意味や由来正式な飾り方についてきちんと調べてみることにしました。

 

 

門松は歳神様が降りてくるときの目印

門松の飾り方を知る前に、門松は何のために飾られるのか、その意味や由来を知っておいたほうがいいと思ったのでまずはそこから。

新しい年を迎えると、わたしたちの一年を見守ってくださる“歳神様”と呼ばれる神様が、それぞれの家を訪れると考えられてきました。
そこで、わたしたちは自分の家が歳神様を迎え入れるのにふさわしい神聖な場所だということを示すために、その目印として門松やしめ飾りなどの正月飾りを飾るようになったそうです。

年末に慌ただしく大掃除を行うのも、もともとは歳神様をお迎えするための礼儀として。
今でこそ大掃除は、新年をキレイな家で気持ち良く迎えるためだとか、年が明けてから年始回りに訪れる来客のためだというふうに考えられていますが、本来は歳神様のためだったんですね。

昔から歳神様が訪れた家には幸運が舞い降りると言われているため、歳神様が迷わずに自分の家に降りてきてもらえるように目印として木を立てたのが門松の始まりだったとのこと。

 

門松は昔は“杉”だった!?

門松と言うからには、使われている木はもちろん“”でしょう!と1mmも疑わずにいましたが、地域によっては松の代わりに“”が用いられるところもあるそう。
その場合は門松ではなくて門杉になるんでしょうか?(笑)
(これはちょっとやそっと調べただけでは分からなかったので割愛しますが・・・)

門松の材料がとくに松に限定されて一般的に使われるようになったのは平安時代からで、それまでは常緑樹であれば何でも良かったようです。
松や杉のほかにも、(くすのき)や(さかき)、(しきみ)が材料として用いられるというところも。

では、これらの常緑樹の中でも松に限定されるようになってきた理由はどうしてかと言うと、松は“祀る”と語呂が合っていたり、おめでたい樹木とされている松竹梅のひとつでもあることから。

確かに、松と言えば日本を代表する樹木のひとつですし、和風庭園にはなくてはならない主要な樹木ですからね。
古来の中国でも、松は生命力不老長寿繁栄の象徴とされてきたということなので、とにかく縁起の良い樹木だということはお墨付きのようです。

ちなみに、門松の材料には“”も使われていますが、まっすぐに節を伸ばす竹は長寿を招く縁起物だから、というのは言うまでもありませんね。

 

 

門松にもオスとメスがある!?

門松は家の玄関や門の左右に一対並べて飾るのが一般的。

ここまでは常識として知っていましたが、左右で松の種類が違うというのは初耳でした。
玄関に向かって左側には葉が硬い“雄松”、右側には葉が軟らかい“雌松”を飾るというのが決まりだそう。

なるほど、松にはオスとメスがあるので、門松にもオスとメスという区別があるんですね。
何も知らずに同じものを2つ準備してしまう前に知っておいて良かったです。

でも、一対で飾るのが決まりなら、雄松と雌松の2つセットで売られているのかも??

 

門松の正式な飾り方は?

さて、門松にはオスとメスの2種類あることが分かったところで、正式な飾り方について見ていくことにします。

雄松が左雌松が右ということは分かりましたが、どちらがオスでどちらがメスなのかが分からないと話になりません。
そこで、注目してほしいところがです。

門松に使われている竹は、通常3本組か5本組になっています。
分かりやすいところで3本組の場合を例に挙げると、2番目に長い竹がそれぞれ外側になるように配置するのが正しい飾り方になります。

竹の先端をつないでできた三角形がこのように外側に突き出るように飾ると、ちょうど雄松が左に、雌松が右になるようです。

(参考:『日本の門松.com』URL:http://kadomatsu-japan.com/

 

門松は1つじゃダメ?

門松を準備したいと思って調べてみたところ、本格的なものはかなりの値段になるということが分かりました。

門松は一対で飾るものなので、やはり2つセットで販売されているのが普通らしいです。
1つだったら何とか予算内に収まる値段なのですが、2つともなると一般家庭では躊躇してしまう値段に・・・

そもそも、門松は2つ準備しなければならないのか気になったので調べてみると、どうやらそうでもないことが分かりました。
なんでも、現在のように左右に一対飾るようになったのは江戸時代ごろからだということ。

もともとは目印としてただの木を立てたぐらいなのですから、何も2つじゃなくてもいいんですよね。
左右対称に飾るのが一般的に浸透してしまった現在では、1つだけの門松はやっぱり不自然に感じてしまいますが。

 

門松には略式の作り方がある!

値段的なことから門松を準備するのは敷居が高いと感じてしまったわたしですが、世の中には同じように考える人がたくさんいるものです。
なんと、門松には略式の作り方がちゃんとあるではないですか!

用意するものは

  • 松の小枝
  • 半紙
  • 水引

たったの3点のみ。

松の小枝に半紙を巻いて、水引をかければ完成です。
あとは玄関の目立つところに飾れば、超ミニマムな門松の出来上がりです。

水引というのは不思議なもので、これを加えるだけでなぜかめでたい縁起物になってしまうんですよね。
略式の作り方だと、敷居の高い門松もなんなく準備できてしまいますね。

 

以上、門松についてしつこいぐらいに調べてみましたが、なかなか奥が深いものですね。
ぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top