しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

初詣の意味や由来は?わたしが伊勢神宮や出雲大社に参拝しない理由

初詣の意味や由来は?わたしが伊勢神宮や出雲大社に参拝しない理由

 

年の初めの恒例行事として、その意味や由来をよく知りもしないまま、とりあえず慣例で行っている“初詣”。
新年を迎えると、各地の神社やお寺は初詣をする人の波で大にぎわいとなります。

とくに伊勢神宮や出雲大社、明治神宮、成田山新勝寺、川崎太師、住吉大社などの有名社寺においては、ありえないぐらいの人・人・人の群れで、大混雑がお決まりの行事になっていますよね。

年の初めにお参りをするとめでたさが倍増すると言われていたり、大晦日の除夜の鐘を聞きながら家を出て元旦にお参りを済ませて帰ると、二年分のお参り(二年参り)ができたものとみなされたり、初詣にはいろいろないわれがあります。

とにかく幸福にあやかるために労を惜しまないのが日本人の特徴。
寒さに震えながら人がごった返す中で長時間待った挙句、やっと参拝の順番になったと思ったら、ものの数秒で警備員に押し出されてしまってろくにお願い事もできず、後ろ髪をひかれながらもすごすごと帰らざるを得ない・・・
「新年早々何やってるんだ・・・」という後悔の念が押し寄せてくるのは必至です。

今回は、

  • 初詣にはどんな意味があるのか?
  • 初詣の由来は何なのか?

そして、

  • どうしてわたしが有名社寺に参拝しないのか?

についてお話ししたいと思います。

 

 

初詣の意味や由来は?

そもそも、初詣にはどんな意味があって、もともとの由来は何だったのでしょう?

本来、初詣は元日の朝、鎮守氏神様などにお参りをすることで一年の幸せを願う意味がありました。
鎮守や氏神様というのは自分たちが住んでいる地域を守ってくれている神様のことで、地域ごとに祀られている神社や仏閣が異なっています。

昔は一年のけじめとして、一家の家長が大晦日の夜から神社に出かけて、寝ずに新年を迎えるというのが習わしだったようです。
本来は地域ごとに祀っている氏神様をお参りするというのが初詣の由来だったんですね。

 

 

わたしが伊勢神宮や出雲大社に参拝しない理由

この理由はとっても簡単で、伊勢神宮や出雲大社をはじめとする有名社寺には、わたしが住んでいる地域の氏神様が祀られていないからです。
初詣を行う本来の意味や由来を考えると、自分が住んでいる氏神様が祀られている社寺にお参りをするほうが筋だと思うんですよね。

・・・というのはひとつの建前で、伊勢神宮や出雲大社などの有名社寺はとにかく混雑がひどくてお参りした気がしないからなんですよ。
あんなに大勢の人がお願い事をしに押し寄せて、神様はそのひとつひとつを覚えてくれて、叶えてくれるんでしょうか?

形式ばかりのこととは言っても、どうせやるならきちんとしたいわたし。
新年早々わざわざ人混みの中で嫌な思いをすることは避けたいものです。
今回ものんびりと地元の氏神様をお参りしたいと思います。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top