しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

正月飾りの処分はどうする?自宅で焼いたりごみに出しても大丈夫?

正月飾りの処分はどうする?自宅で焼いたりごみに出しても大丈夫?

 

毎年思うのですが、正月飾りの命って本当にあっけないですよね。
年末に準備して年始にはもう処分されてしまう・・・
でも、だからと言って正月飾りを全く準備しないというのも味気ない気がしますし、毎年もったいないな~と思いながら泣く泣く処分している感じです。

もし正月飾りを処分しなくてもいいのなら、毎年でも同じものを飾り付けたいものですが、どうもそういうわけにはいかないらしく・・・
買ったばかりの正月飾りを処分してしまうのはエコでもないし経済的でもないなぁ、とモヤモヤしながらも、神社で行われる“どんど焼き”に毎年持って行っています。

 

 

“どんど焼き”とは?

どんど焼き”というのは、神社などで正月飾りを集めて焼く火祭りのことで、地域によっては“とんど祭り”とも呼ばれているようです。

“どんど焼き”は1月15日の小正月に行われることが多く、このときに処分したい正月飾りを“どんど焼き”が行われる神社などに持って行くと、燃え盛る炎の中に投げ込まれて処分されます。

雪がちらつく中で行われる“どんど焼き”は年始の風物詩としてもおなじみで、赤々と燃える火を見ているだけでなぜか心が洗われる気がしてくる、とても神聖な行事になっています。

 

正月飾りを“どんど焼き”で処分できない場合はどうする?

正月飾りの処分は、基本的には“どんど焼き”で行うのが一般的です。

ですが、何らかの事情があって“どんど焼き”に参加することができなかったり、神社にまで足を運ぶのが難しかったりする場合は、どうやって処分すればいいのでしょう?
自宅で焼いたり、ごみとして出してもいいものなのでしょうか?

 

 

正月飾りを自分で処分する方法は?

正月飾りの処分方法には“どんど焼き”の他にも以下のような方法があります。

 

自宅で焼く

正月飾りは“どんど焼き”のように自分で焼くことも可能です。
自宅の庭などで焼く場合は、日本酒と塩で土を清めてから、その場所で焼くようにします。

 

ごみに出す

正月飾りは、自然素材のものであれば燃やせるごみとしてごみ収集所に出すこともできます。
ごみとして出す場合、他の家庭ごみと一緒くたにして出すのではなく、新聞紙などで丁寧にくるんだ後、家庭ごみとは別々にして出すようにします。

 

正月飾りは歳神様を歓迎するためのもの。
なので、処分するものとはいえ、あくまでも神聖なものとして取り扱うべきです。

“どんど焼き”で処分できない場合も自分で処分する方法があるので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top