しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

寒中見舞いを出す期間はいつからいつまで?時期が過ぎたら次は何?

寒中見舞いを出す期間はいつからいつまで?時期が過ぎたら次は何?

 

暑中見舞いほど一般的ではないものの、年賀状をうっかり出し忘れてしまったり出し遅れてしまったり、思いもかけない人から年賀状をいただいたときの返信として出すことの多い寒中見舞い
寒中見舞いは、もともとは厳しい寒さでの暮らしを励ましたり、相手の体を気遣ったりする意味で送られていました。

“寒中”とあるように、寒中見舞いは寒い時期に送るものですが、具体的な期間はいつからいつまでかご存知ですか?

今回は、

  • 寒中見舞いを出す期間はいつからいつまでなのか?
  • 時期が過ぎてしまったら次はどういう形式で出せばいいのか?

についてお話ししたいと思います。

 

 

寒中見舞いを出す期間はいつからいつまで?

寒中見舞いは、1年でもっとも厳しい寒さが続くとされている“寒の入り”から立春までの期間に出す季節のあいさつ状です。
寒の入りは1月5日~6日頃、立春は2月4日頃なので、その約1ヶ月の期間に出すのが寒中見舞いということになります。

 

寒中見舞いの時期が過ぎたら次は何?

年賀状の返信として寒中見舞いを出す場合は、1月5、6日頃から2月4日頃までの期間に出すのが決まりですが、何かの事情があってこの期間に寒中見舞いを出すことができなかった場合にはどうしたらいいのでしょう?

2月4日の立春を過ぎると、まだまだ冷え込みが増すものの暦の上では春が訪れたことになっています。
なので、立春を過ぎたらもう寒中見舞いとして出すことはできなくなるんですね。

こういう場合は、“余寒見舞い”と言ってまだまだ寒さが残る時期に送るあいさつ状として出すようにします。
暑中見舞いの次が残暑見舞いになるのと同じようなイメージですね。

余寒見舞いとして出すときは、寒中見舞いのように寒さを強調するだけでなく、本格的な春到来まであとわずかだということを意識して、引き続き相手の健康を気遣う言葉を書き添えるようにするといいでしょう。

 

 

余寒見舞いの例文

文例基本の文例

余寒見舞い申し上げます

①立春からはや一週間たちました

冬来たらば春遠からじといいますが
まだまだ寒さが居座っています
皆様いかがお過ごしでしょうか

②余寒厳しき折 どうぞお体に気をつけて下さいますよう
お祈り申し上げます

平成〇年二月
名前
住所

 

文例の①、②は、以下のように他の言い回しに書き換えることができます。

文例①の書き換え文例

  • 寒が明けたというのに いっこうに春の足音が聞こえませんね
  • 立春を過ぎてもまだまだ寒風が身に染みます

文例②の書き換え文例

  • 春までもうすぐ
    お風邪など召さぬよう お気をつけくださいませ
  • 梅や桜も出番を待っていることでしょう
    どうかお元気でお過ごしください

 

以上、ぜひ参考にどうぞ。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top