しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

喪中はがきに返信は必要?不要?喪中はがきをもらったらどうする?

喪中はがきに返信は必要?不要?喪中はがきをもらったらどうする?

 

11月も半ばを過ぎると、年賀欠礼の挨拶として喪中はがきが送られてくることも。

喪中はがきは年賀欠礼状喪中欠礼状とも言われるように「年始の挨拶を遠慮します」と伝えるものですが、喪中はがきを受け取った側はそれに対して何も返信しなくてもいいのでしょうか?
返信を出すとしたらいつ、どのように返信したらいいのでしょう?

喪中はがきには返信は必要なのか?それとも不要なのか?調べてみました。

 

 

喪中はがきに返信は必要?不要?

そもそも喪中はがきというのは、家族や親戚などの身内が亡くなった場合に、故人の生前の厚誼に感謝するとともに1年間は喪に服して年賀状などの年始の挨拶を控えることをお伝えする年賀欠礼の挨拶状になります。
つまり、「喪中のために年賀状を送ることができませんので、先方からの年賀状も遠慮させてください」というお知らせになるんですね。

年賀欠礼を伝えることが喪中はがきの役割であることから、喪中はがきを受け取った側には特別返信の必要はないとされています。
とは言え、相手に不幸があったことを喪中はがきによって初めて知った場合や、特別親しくしている相手でお悔やみを申し上げたい場合には、このまま何も返信せずにいるのは何となく心苦しく感じてしまいますよね。

では、喪中はがきに返信したい場合はどのようにしたらいいのでしょう?

 

喪中はがきに返信したい場合は?

喪中はがきによって相手に不幸があったことを知った場合、お悔やみ状として手紙やはがきを出してもいいでしょう。
お悔やみの手紙やはがきは訃報を知ったらすぐに出すのが基本なので、この場合は喪中はがきをもらったらなるべく早く、お悔やみ状として返信するのがマナーです。

お悔やみの気持ちを伝えるときには、はがきだと軽々しい印象にとられてしまいがち。
できれば手紙で出したほうがお悔やみ状としてふさわしいのですが、ダラダラと言葉を並べて書くものではないので、はがきで出してしまう場合も多いようです。

ですが、お悔やみ状は人の死にまつわるプライベートな内容のものですし、相手の人がまだ周りの人に亡くなった事実を伝えていない場合も考えられるので、短い文面のはがきでも封書に入れて出すのがマナー。

お悔やみ状は誰の目にも触れるはがきは避けて手紙にすべきですが、はがきにする場合でも封書に入れて出すようにすれば大丈夫です。

 

 

お悔やみの手紙やはがきにはどんなことを書く?

喪中はがきの返信としてお悔やみ状を書く場合は、あまり長々と書かずに相手へのいたわりと気遣いの言葉を中心に書くようにします。

内容としては、

  • 喪中はがきによって訃報を知ったこと
  • お悔やみを申し上げること
  • 冥福をお祈り申し上げること
  • お体に気を付けて新年をお迎えしていただきたいこと

お悔やみ状を出すときは、時候のあいさつや書き出しの言葉は省き、主文から入るのが基本。
お悔やみ以外の話題をすることは避けるようにします。
「たびたび」「重ね重ね」「重々」などの重ね言葉や「再び」「追って」などの忌み言葉を使わないように気を付けます。

また、便箋は白地のものを使い、黒いインクで書くようにします。
切手は弔事用のものを用いることを忘れないように注意しましょう。

 

無理に返信しなくても寒中見舞いを出すだけでもOK

喪中はがきをもらったからと言って、必ずしもお悔やみの手紙やはがきを出す必要はありません。
喪中はがきへの返信というよりは、相手の体を気遣う意味で寒中見舞いを出すだけでも十分です。

 

まとめ

喪中はがきをもらったときに一番に考えたいのは相手の心境
マナーとして返信は必ずしも必要ではありませんが、お悔やみの手紙を出したほうがいいのか、それとも寒中見舞いを出す以外はそっとしておいてあげたほうがいいのか、相手の心境を考えて何が一番いいのか判断していけたらいいですね。

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top